ひさかたぶりの現状報告

1日ダウンした日を除いて
ちょっとひさかたぶりの休日

と言っても昼から夕方までは会社に
おったんやけれども

気分的に休日だったのはほんと久しぶりな気がする。

何をしたって訳でもないし 会社のテレビで代表戦を見ただけなんやけど

気が少し楽になった。


と同時に もうちょい意識を保って仕事をせなあかんなぁ と反省

好きなことを仕事にすることができているんやからこそ

簡単に投げ捨てちゃいけんし ここでまだやらなきゃいけないことがある

正直 最近忘れてた 何でこんなことやってんのやろ とか 

自分で飛び込んでおきながら 勝手なこと思ってたんやけど

仕事に何を求めるか 

ナンバーワンになることよりもオンリーワンになることのほうが よっぽど難しい。

その人にしかできない仕事があるってことは 会社や業務にとってみれば

好ましい状況ではまったく無い 

誰がやっても同じ結果、最大限のアウトプットがでること

それが会社の求めること


でも、個人はそうじゃない 

いつだって 自分にしかできない仕事があるんだと思い込むし

会社やまわりの人達から必要だと思われ続けたいと思う。

自分のスキルを高めて 目標を捕らえて 自己実現を図りたいと。

給与だけを対価だとすれば こんな世界で働く奴はいないし

ボランティアで、毎週・毎日のように 文字通り、身を粉にして

駆けずり回るような人はいなくなる  

まだまだ小さい世界 だからこそ頑張ってみる価値がある

日比谷の交差点で ふと オレンジラテを飲みながら 春が来たことに気づく

まだ 想いを持ち続けて いけるとこまで 急がず ゆっくり歩こうと 

| | コメント (0)

この市場でずっと食ってく気はない

この市場...の定義は広いけど

正確に言うと この市場で今のままずっと食ってく気はない

というか食えない。

荒野か砂漠で みんなが当てもなく 希少価値の牧草を
争ってるようなニッチでマイナーな市場。
蜃気楼に騙される奴も多いよー。

スポーツっていうと見るのもやるのも読むのも同じなので
とっても広い意味ですが。

ITっていうとシステムもテレビも雑誌も同じなので
とっても広い意味ですが。

その中で早く苗床探さねば。

| | コメント (0)

ジェフ千葉に対する考察


映像はジェフ千葉のサポーターズカンファレンスの模様。
社長がサポーターから野次られる野次られる。
(参照元:サポティスタ)

ジェフ千葉に対する考察

第三者として見れば 成功しているクラブだと思える

J2に落ちることも無く 降格争いからも一歩抜けて

代表監督、そして代表選手を多数輩出 

中心選手を満額の移籍金で他クラブに移籍させ

ユースからは(近年は少ないけど)優秀な選手を
育て上げる。


これがヨーロッパのクラブなら 日本から見て
立派なクラブだと証されるのに なぜ国内のクラブだと
こんなにブーイングされるのか??

まぁ狙ってこうなったわけではない(ビジョンが不明確)から
そこを突っ込まれてるんやろうけど

選手を安く買って(育てて)他のクラブや海外に高く売る。

そんなチームは日本ではまだ認められないのだろか?


| | コメント (0)

スポーツにかける想いの強さ

Nec_0139


なみはやドームでたまたま観た。

大阪府の高校バスケの予選だろうか。

とても遠い昔に憧れてた何か。

そして、今も手に入れることが出来ずに追い縋るもの。


味方のシュートに歓声を上げて。敵の些細なミスを縋るように祈る。
コートにいる選手も。ベンチに座る控え選手も。そして、ベンチにも座れない奴らや、親や友達。

写真では音が伝えられないのが残念なほど、お互いのチームが熱かった。

今の自分がこの世界から遠く離れていることが、悲しくて胸が痛い。


Nec_0141

いま、一人暮らししてる場所は よく言えば大阪の色が濃いところ。

ホームレスと立ち飲み屋が立ち並んでたり。

そんな街の駅前の一コマ。 

伝統の一戦 8回裏 阪神が1点差で勝っている。

そんな街頭テレビに 20人くらいの人が魅入る。

薄型液晶テレビだけども まるで力道山の世界。

大阪の街のスポーツは阪神を中心に回っている。
残念やけど世界陸上じゃこんなに人は集まらず。

首位奪回。 

明日の営業の話題はこれしかないんよなぁ。。


| | コメント (0)

陸上を好きになりましたか?

陸上を好きになりましたか?


昨日はスタジアム
今日はテレビ観戦

今週は家に帰ってもスポーツ番組で
結果を知るくらいしかできなくて。

だから、昨日までは 地元の大阪で
世界陸上がやってるなんて実感が
持てなかった。

やっぱり陸上は、満席に近い
スタジアムの中で、沈黙や
ため息や歓声が混じり合う
あの時間が好きだ。

久しぶりに味わうあの空気。
一体感。

見知らぬ誰かを 心から讃える場所。
その選手が今まで競技に掛けてきた
時間を想い、その場に立ち合えた
幸運に感謝する。

それが陸上のスタジアム。



陸上を好きになりましたか?


2枚目の写真は 長居第二の
練習風景を覗き込む大阪人

長居ってペットの散歩や
ウォーキングコースになってる
みたいやね。

でも その瞬間に
「あー陸上の大会に来た」って
感じた。

スポーツが 世界大会が 
大阪の日常に触れた風景





アテネの4×100M 朝原に
バトンが渡る瞬間を目の前で見た。
あと1歩メダルに届かなかった大会。

あれから3年 
レースが始まる前
気が付いたら ちょっと涙ぐんでいた



テレビ局のキャッチコピーに負けてしもて

また陸上好きになってもたわぁ

| | コメント (0)

さりげなく 世界陸上@Nifty

さりげなく応援。

為末ってNiftyでブログ書いてたんやね。。

それにしても「30万を2000万に変えたタイへの投資の話」って...
http://nifty.bk1.jp/product/2699457?partnerid=01nifty07

やるなぁ。。


でも世界陸上で大阪がどれだけ盛り上がっかなー。

テレビだけ盛り上がっても
正直面白くないんやけどなぁ。
このままやと

視聴率取れた チケット売れた 日本人勝った

ってだけで終わっちゃう気がする。。

それじゃーおもろない!なんかしたろ。。。




でも日韓ワールドカップも同じ。
2002年が終わって、一般社会
(あえてこう言う呼び名をするけど)に
残ったものなんてあるのかな。

あなたの押入れの中の青いユニフォームくらいかな。
背番号は何番?

| | コメント (0)

日本スポーツ産業学会

西武新宿線に乗ることはもうないと思っていたけれど(笑)

7月21日~22日に東伏見で開催される
日本スポーツ産業学会に行ってきます。

知ってる人が5人も発表するし、今後の自身のためにも
行っておきたいイベントだったので、20日には会社休んで
前日異動。

でも発表者や組織を見ているとやっぱり日本のスポーツは
東京に集中してきていることを感じる。
地域総合型スポーツとはまったく乖離した動き。
しょうがないのかなぁ。

ただ見てかえるんじゃなくて、大切なのは当日に得たことを
どうやって大阪に持って帰るか。日常に活かすか。成果を残すか。

1つ構想書を作ってます。
タイトルは「スポーツ施設における情報システム活用の現状と課題(仮)」
どこまでのもんにできるかは自信なし。。でもちょっとでもネタ仕入れてきます。


| | コメント (1)

妄想癖


弟の支援を借りて7月にベトナムに行って日本の試合見て、
そのままハノイかバンコクで準々決勝と準決勝見てくる。

2007年7月9日 日本 - カタール ハノイ
2007年7月13日 アラブ首長国連邦 - 日本 ハノイ
2007年7月16日  ベトナム - 日本 ハノイ
2007年7月21日 グループA1位 - グループB2位 バンコク
2007年7月21日 グループB1位 - グループA2位 ハノイ
2007年7月25日グループA1位-グループB2位の勝者
 - グループC1位-グループD2位の勝者 クアラルンプール
2007年7月25日グループB1位-グループA2位の勝者
- グループD1位-グループC2位の勝者 ハノイ

まぁこんなに休めるわけがないから妄想なんやけど
どれか観たい。

スポーツを観ることが旅行の言い訳になってる悲しさは
あって、観るスポーツとプレーするスポーツ以外の関わり
なんて出来ないのかも。なんてちょっと弱気だね。

| | コメント (0)

スポーツの国際試合を禁止すべきである・他

熱で寝込んでるといろんなことを(余計なことも)考える。

そんなことをずらーっと記述。


1 スポーツの国際試合を禁止すべきである

正確に言うとコンタクトプレーのあるスポーツは国際間の試合で
相手側に与える国際的なメリットとデメリットを客観的に把握できる
指標を持つべきである。

別にラグビーでも危険性はあるけれど、人気が高すぎて勝敗によって
相手側の神経を逆立ててしまう危険性のあるスポーツ 野球とサッカー
その2つのスポーツにおいて、このままだといつか傷害事件(或は国際問題)が
起こる危険性がある。

最近のアジアの試合を見ていると思う。特にレッズがACLやA3に出場してから。
野球でも同じ。もし仮に乱闘になった試合のあとにスタジアムの外で同じことが
起こらないとは限らない。 そしてそのインパクトは数字には見えないが大きな
事件として残る。

スポーツには親善的な効果や相手国の文化を理解するというメリットもある。
けれども、それも数字には残らず、なおかつ事件として残るわけでもない
ある意味草の根的にしか広がらない。

欧州のサッカーが盛り上がるのは憎しみの連鎖から成る部分もある。

だからこそ、スポーツにおける国際試合の効果を図る指標を持つ必要がある。
いつか起きる危険性の要因を正確に掴むために。
スポーツの社会性をアピールするためにも。

2 コムスンに対して

介護福祉サービスで利益を挙げることと 社会的に認められることとは違う
三方よしの考え方が必ず必要になってくる。言い換えればコンプライアンス。
コムスンにしろクリスタルにしろグレーな部分を持ちすぎた。それを明確に
すればいいだけ。もともと顧客からは必要とされてきたとこだから

3 経営者が小さな事故を見逃さないために

さっきの話ともかぶるけど ほんとうに小さな でも会社が揺らぐような出来事は
上に上がっていく中で必ず消えて言ってしまう 
それを吸い上げることができる1つの手段がIT。
別に社長が全社員と話して全事業所に巡業すればいいんだろうけど
そんなわけもいかないから 集めて分かりやすい形で経営者に示すこと 
そこで判断するのが経営者の仕事。 集めるのは現場の仕事。

4 感動

仕事をしててワクワクしてる感じをはじめて実感。それでも何も出来ていない
ので何も居得ず。感動と感動の間にいる仕事がしたい。 


| | コメント (0)

苦言 AFCフットサル選手権@大阪

もー誰も気が付かないうちに開幕して

いつの間にか閉幕する フットサルのアジア選手権@大阪

準決勝 そんで 決勝



「大阪でいま何が開催されてるか知ってる?」

「あれっ?世界陸上だったっけ?もう終わったの?」

ってどっちもちゃうわいっ!世界陸上も終わっとらん!



まぁ それもしゃあなく 街のどこを歩いてても 体育館の前を

歩いてても 誰も気がつくことなんてない。

昨日阪神が... 最近だとトトBig が...

くらいかな。スポーツの話題って。

スポーツの存在価値がほんと日常の生活を暮らしてると

感じれないし、 必要性を感じない気がする。

潜在的なニーズを満たす力がスポーツにはあるのは分かってるけど

潜在的なニーズを引き出すことはスポーツではできないから。



それが分かってて何もしなかった大阪サッカー協会か。

分かってなくて何もしなかったフットサル協会か。



まぁ どっちもやろね。 せめてYouTubeかYahoo動画と提携して

ハイライトページくらい創ればよかったのに。

「仕掛ける」っていう意識が皆無。 役人か。

だからこそ代理店が儲かりそうなスポーツには 

ずっとのさばって 上澄み吸って。

マイナーなスポーツの本当の問題点は

スポーツを伝える(=売る)という意識がないこと。

伝える。売る。売らなきゃいけない。っていう意識がないと

世の中には広がらず 誰も何も買ってはくれない。



| | コメント (3)

より以前の記事一覧