« 2010年11月 | トップページ | 2012年4月 »

遠足の前の日のような


さて。明日が結婚式。結婚する日とも言う。

誰に話す訳にも行かず
昔からの癖で?大切な日の前日には
よく風邪を引く子でしたので
お約束のように
昨日から微熱と筋肉痛が止まらず、
いつものようにサワシリンを呑むのです。

今日の気分は、遠足の前の日のような
受験日の前の日のような
転職の面接の前日のような
そんないろんな気分です。

えぇ。寝られません。


寝られない日に何をするのかと言えば
もちろんテレビ見たり漫画読んだりするけども
どこか気がそわそわ。

そんで津々浦々書いてみたりしてる訳です。

眠れないながらも布団に潜っているときは
いろんなことを思い出しました。

大学の頃の学生会館の中の部屋だったり
新入社員のときに講話?を聞いた青山の会議室だったり
はじめて数十人の社員の前で訳の分からないプレゼンをした
大阪の北浜のオフィスだったり
なんで徹夜したのか覚えてないけど、ずっとパワポとにらめっこしたり
新橋の客先のオフィスの床でスーツ着ながら寝てた日々とか
平塚の暑い夏のスタジアムだったり
彼女の家の実家で猫と遊んでた日の暑さとか
大学入学してすぐ住んでた部屋の
夜になると蒼く光る壁の色とか


自分の手のひらを見て
生かされているんだということを再度実感してみたり


何に生かされているのか分かるはずも無く
だから宗教が生まれたんだろうか何て
分かっても無いこと考えたりするけれど

人生って何に例えることができるやろ??
いきなり回されたビデオカメラ?
60分限定で立たされる舞台劇?

限られた時間の中で 
自分の両手で掴めるものを
ずっと探し続けてきて

これからも探し続けるんだと思う


Img_0096


| | コメント (0)

もうすぐ結婚式...いつの間にっ!?

真夜中の独り言

1年ぶり...までは逝かずとも
もうちょいで1年。

自分のことを書かなくなったのは
年のせいだろうか 環境の変化なのだろうか

もうすぐ結婚式です。。
いつの間に!?という感じです。

プロフィールビデオやら色々作るために
昔の写真を久しぶりに見返しました

懐かしい写真や、面白い写真。
あの頃の写真や、どうしても見つからない写真。

あれだけカメラを持っていたのに
あれだけいろんなところに行って
いろんな人と一緒に居たはずなのに

いろいろな場面が思い浮かんでは
記憶が曖昧になっていることを感じています

もうすぐ結婚式を迎えるにあたり、唯一感じることは

いままで自分が残してきたものは、まわりの人との
つながり(絆)だけだったということです。


人間が何を残せるか?というしょーもなくも壮大な問いに
答えることが出来るのは、それだけなのかもしれません。
と勝手に思ってみたり。まとめてみたり。

そんな写真模索中に
昔、大学の同期だけで作ったWEBサイトが、2009年に
サービス終了で閉鎖になってました。

いろんなものが消えてなくなるように
人の思い出も消えてなくなっちゃうんじゃないかって。

自分が残せてきたものなんて小さくもあり、
ときには見えなくなったりもするけれど

いつの時代でも 何歳でも ましてや死ぬ直前でさえも
信じることしか出来ないのかもしれません。

信じ続けることは難しい。 

ただ、だからこそ、さまざまな言葉や記憶や会話を通じて

いろんなものを信じ続けたいと思うわけです


| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2012年4月 »