« 考えるという行為と 生きるという思考 | トップページ | 【読書録】川島誠 800 »

少年の頃のサッカーを思い出す本


久しぶりの書評。時間が出来てきても
なかなか本が読めません。

銀河のワールドカップを文庫版で購入。

本屋に棚積みされてた本だけど
ちょっと疑問符。

サッカーの描写は確かに
でも龍時のような現実感が無い

それでも、サッカーに対する懐かしい想いであったり
上達していくまでの何気ない一言や
ワンプレーに共感する。


久しぶりに柔道で腕を使ったので
タイピングが出来ず途中で。。。またこんど。

|

« 考えるという行為と 生きるという思考 | トップページ | 【読書録】川島誠 800 »

4・読書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 考えるという行為と 生きるという思考 | トップページ | 【読書録】川島誠 800 »