« 福田健二という男 | トップページ | 実はサッカーが好きじゃないんじゃないかと思うサポーターは »

ふと 歩いてきた道を 振り返る

たまたま 2年位前のブログを読み返しました。

===================================================
題名 : 歩かなくちゃ 2006/04/24
===================================================
この3年がとても短く
時が過ぎて、振り向いて
歩んできた道の歩幅が
斜め45度くらい下にしかないことに
気付く

あの頃は自分が変わっていってるのを実感できた。
考えさせられて見つめさせられて
言葉を考えた。夜中5時の部屋の暗さを知った。

煙草の明り。フローリングの冷たさ。

投影する姿。重なることのなかった思考。

それでも
生きているという実感があった

今日冷たい布団の上で
イヤフォンで音楽を聴きながら泣いた

まわりに優しくできない
何も考えてない
一歩も進んでない

歩みの遅さに
久しぶりに感じた部屋の暗さに

歌の声に
たぶん懐かしさに

口元が歪む。
左目に左手の服の袖を押し付けた。

もうすぐ空がまた明らむ。
早く寝なきゃ

自分の歩みの遅さに
何も進んじゃいなかったことに

気付けたこと

それだけで

この3年間は無駄じゃない

===================================================


04年から06年の頃のことでしょうか。
記憶は曖昧です。

そっから約2年と少しが経ちました。
06年から08年です。

大学に入学したのが2000年。
サークルを卒業したのが2003年。
就職活動と留年時代が2004年。 
いまの会社に入社したのが2005年。 
一回目に社名が変わったのも2005年。
大手メーカーの担当になったのが2006年。
先輩から仕事を引き継いだのが2006年11月。
自分にとって一番大きな案件が2007年5月。
二回目に社名が変わったのが2007年夏。
転機が2007年冬。

そして、いまが2008年5月。  

上にあるような3年間が無駄じゃない期間だとすれば

この2年間は 歩き始めることが出来た2年間だったでしょうか。

それ何や? と言われても ちゃんと言葉に出来ないのが

2年目の脆さかなとも思います。

充実していた時間も 今となっては 段々と曖昧になってきています。

隣で机を並べた人がいます。 尊敬できる技術者や先輩と出会えました。

歩いてきてよかったです。 

未だにあの頃の夢を見ますが 自分に微笑み返すくらいできるようになりました。 

鈍くなったのでしょうか。 強くなったのでしょうか。

そして まだ まわりに遅れている気がします。 強みなんて誇らしげに語れず

根拠のない自信だけで 歩いてきただけなのかも と不安にもなります。

でも ふと 後ろを振り向くと まるで風媒花のような種ですが 

1つ小さな花が咲いていました。 

自分だけの力ではなく いろんな人が関わって丹精込めて咲かせた花です。 

感謝の言葉は苦手です。 口下手なのは 8年前から変わってません。

大げさですが 小さな変化ですが いまのバイオリズムのせいかもしれませんが

明日になれば また元通りに悲観的になってるかもしれませんが 

まだたぶん打たれ弱いままですが  でも 今なら少しいえる気がします。 

歩くことが出来ました。  

カタチに見えない何かが出来ました。

 いつでも思い返せます。 

振り返るだけで いつでも また歩いていけます。

|

« 福田健二という男 | トップページ | 実はサッカーが好きじゃないんじゃないかと思うサポーターは »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福田健二という男 | トップページ | 実はサッカーが好きじゃないんじゃないかと思うサポーターは »