« ふと 歩いてきた道を 振り返る | トップページ | 学校給食の黒糖パンが懐かしい »

実はサッカーが好きじゃないんじゃないかと思うサポーターは

たまに居ます。

この人○○(チーム名)が好きなだけで
サッカーやスポーツは実は好きじゃないんじゃないかって人。

好きの定義にもよるけれど。

スタジアムのまわりで喧嘩したり、相手チームの
サポーターをボコッたり、発炎筒を焚いたりしても

それでブラジルやイングランドはサッカーが強い
わけではないし、スタジアムが熱狂している訳
ではない。

そこらへんの当たり前のことが分からない人が
スタジアムにはたまに居る。
しかも悲しいかな 大阪にも居る。

スポーツには命を掛ける価値がある。

ただ、スポーツで命を落とすほど
悲しくて馬鹿げたことはない。

このままだと いつかJリーグの試合会場で死人が出る。

その悲劇と 影響の強さ サッカーを好きじゃないどこかの
チームのゴール裏で騒いでる人は考えたことがないんだろう。

|

« ふと 歩いてきた道を 振り返る | トップページ | 学校給食の黒糖パンが懐かしい »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふと 歩いてきた道を 振り返る | トップページ | 学校給食の黒糖パンが懐かしい »