« 学校給食の黒糖パンが懐かしい | トップページ | 何かを成す為には、何かを代償として支払わなければいけない »

思わぬ落とし穴の前兆

Dsc00022


ふとした時に思い出す。

オフィスの椅子に腰掛けたとき。

飲み会を抜け出して吸う煙草。

満員電車を降りた夏の陽射し。

ガンガンに冷えたクーラーの匂い。

遠い遠い島の空 

モノクロの景色に 白い肌

新聞配達のバイクの排気

ポストに新聞を入れる音

いつもの薄明かりの朝焼けに

 蒼く染まる空の光景とか。




私生活は順調だ。 でも 何か嫌なことが起こる前兆。

油断するな。 最悪は明日にも起こっている。




人生は上々だ

毛虫なんて踏み潰せ




普段の生活はいたって普通。 ときたま

こうやって頭の中で 勝手にデフラグ。

いろんなフラグが咲き乱れ。




デフラグ 【defrag】

読み方 : デフラグ
別名 : ディスク最適化
分野 : ストレージ > 構造 > デフラグ

記憶装置内のファイルを先頭から再配置し、空き領域の断片化を解消すること。また、デフラグを行なうユーティリティソフト。「デフラグメンテーション」(defragmentation)の短縮語。

 ディスクに対して書き込みと削除を繰り返し行なうと、ディスク内でのファイルの配置が不連続になり、空きスペースが細分化されてしまう。細分化が進むと、連続した空き領域が少なくなるため、どの空きスペースにも入りきらないファイルが増え、ファイルを分割して2つ以上の空き領域に分けて保存するようになる。

 このようなファイルの分割保存が増えると、OSの処理量の増大やドライブのヘッドの移動量の増大を招き、読み書き速度の低下につながる。また、ヘッドの移動は物理的な動作を伴うため、故障を誘発しやすい(耐用年数が低下する)とも言われている。

 デフラグは、ディスク内のファイルを先頭から再配置し、ファイルの分割状態を解消して、連続した空き領域増やす。以前から独立したアプリケーションソフトとして市販されていたが、最近ではOS本体の機能として最初から付属している場合が多い。<IT用語辞典 参照>

「デフラグする」が米国で人気ワードに=米ボイヤーズ・マーケティング @japan.zdnet

|

« 学校給食の黒糖パンが懐かしい | トップページ | 何かを成す為には、何かを代償として支払わなければいけない »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学校給食の黒糖パンが懐かしい | トップページ | 何かを成す為には、何かを代償として支払わなければいけない »