« 祖母井さんの祖母力 - オシムが心酔した男の行動哲学 - | トップページ | 踊り続けて死ぬ人生は 果たしてそれは幸せか。 »

東京マラソンの舞台裏―東京を3万人が走るまで

ここんとこ こんな本ばかり。 今日の本はこちら。
(Amazonリンクなんて使ってみたのいつぶりだろかw)


何かを無意識に求めてんだと 勝手に自己分析

たとえトップダウンだとしても 何かを作り上げるのは一人一人

歯車の一つだとしても 自分が回ることで

大きな花火が打ちあがるなら 

道下だとしても自動機械だとしても。




なぜそこまでこだわるか?

失敗するのは怖いし きっと目を背けることも

それでも。




ちなみに あまり関係はないけれど ここお薦めです。

旅行の際にぜひ。 

http://www.automata.co.jp/new/index.html

機械って好き。 1つの動きを たとえ他の特技が無くても

それでも続けて ずっと続けて。




そういえば あの人はこれ関わってんだろか?とふと思う。
ちょい聞いてみたい。





|

« 祖母井さんの祖母力 - オシムが心酔した男の行動哲学 - | トップページ | 踊り続けて死ぬ人生は 果たしてそれは幸せか。 »

4・読書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祖母井さんの祖母力 - オシムが心酔した男の行動哲学 - | トップページ | 踊り続けて死ぬ人生は 果たしてそれは幸せか。 »