« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

はじめてみたそら

無題

溶けて説けて消えちゃって
何事もなかったように
そんなきれいごとは無理

何を大切にするか
何を聞いて怒るか
何を見て悲しむか

人は自分とは違って
自分のことは誰にもわからないし
他の誰かのことも自分には絶対に
わからない

帰りの車の中で聞いた CrossRoadと
イノセントワールドが この2日間の
夏休みの総括。

もう交わることはないけど、避けても
通れないし。 目出度い日に苦味は
煎らない 笑顔には笑顔

 忘れるのはもう諦めた
けど、 鈍くなるのは案外簡単。

いままで湖を何回も見てたけど

はじめて見えた赤い空

朝5時の朝焼けを見たら どうでもよく
なったのかな。


次の道に進む奴 大きな声を上げる奴
話したがる奴 話したがらない奴
あの中に 似てる奴なんて 1人も居ない
ある意味ジーコジャパン。
となりなんて誰も見てやがらね


でも ピッチにうつ伏せて空を見ても

みんな映る空が青ければ 

ただそれだけでええやんねぇ。

| | コメント (0)

昨日初めてよしお

昨日の24時間テレビを名古屋で見てて

はじめて 小島よしお を知りました。 

こんな芸人知りませんでした。

ちょっとかわいそうでした。

これからも見守っていきたいと思います。

おわり。
 
 追伸 アフロも面白かったと思います。

| | コメント (1)

状況判断

状況判断

パスをするのか
ドリブルをするか

ロジカルに攻めるか
上司を使うか
ベンダーを変えるか
押すか 引くか

サッカーも営業も。

| | コメント (0)

ひさびさ観劇

ひさびさ観劇

造船所跡地の南港の芝居小屋

空間と影と 声と歌

生まれてくる前から 死ぬのが怖い

期待や喜びより 不安が大きいときは

誰かが待ってくれている この世界に飛び込もう

ここは他の何処でもないここ

ここにいることを まずは見つめて

蝶を待つ花になるために。


ほぉら ほぉら 聞こえてくる

とおい とおい 空のうえ

こぉい こぉい この世界の
ひかりが 見えるでしょう

| | コメント (0)

スポーツには思いを託す

スポーツには思いを託す
今まで野球なんてまったく話題にしない人が

やたら甲子園の話をしてくる。

聞いたことない名前の学校の
投手の力投を熱く語る


たぶん何かを託してるんだと

自分自身を思い返し実感。

過去の彼か いまそこにいる彼自身か

勝ってほしいと思う。負けたくない。選手のためにも。自分のためにも。


マーケティングだけではない
スポーツの世界は共感で成り立っている

想いを託すその先が
彼にとっては甲子園だった。

誰かのために必死になれる

スポーツの危うさでもあり
美しさでもある。

| | コメント (0)

HP向上月間

HP向上月間
HPは体力で
MPは気力。

睡眠と運動不足
いい加減なストレスと
偏った食薬生活

HPの最大値が下がりすぎて
簡単にダウンしてしまう。
どれだけMPがあっても、HPの土台が無ければほんと無になる。

無理の効く体に。
空手も一つの選択肢かなぁ。

大夏で師匠?に相談。。

| | コメント (0)

かいしゃ

かいしゃ

こんなとこで働いたりしています。

| | コメント (0)

素晴らしい馬鹿はいつも孤独だ


NHKでやってる高校総体(インターハイ)の男子新体操で素晴らしい馬鹿を見た

| | コメント (4)

コーヒーと音楽

Nec_0094

やっと注文していたコーヒーメーカーが到着

嬉しくて一枚 



隣に見えるiPodからはPRINCESS PRINCESSのベスト版。

「あの日のパパに...」 古い。。。

今日は朝から洗濯して干してモップ掛けして風呂を洗って
風邪気味で外に出れない鬱憤を晴らすかのような働きぶり。
(小規模ですが)

やっぱり日当たりが圧倒的に足りない。9時~11時くらいに
掛けてほんの少しベランダに光が入るだけで部屋の中に
光がこない。。。ちょっとこれでは苦しい。。

なんとか扁桃炎も治まりかけ、8月を迎えることができそうです。

冷蔵庫では美味しい梅酒が冷えてます。


| | コメント (0)

日常生活とインターネットの世界は同じで

Dsc_0098

この気だるい日曜の昼下がりの生活も

目的もなくYou Tube とMixiの更新ばかり続けるインターネットも

どちらも大差なく同じである




それは たった一歩踏み出せるかどうか ということ

今からでも富士山にもモンゴルにも行ける
パキスタン人の友達も 見たことが無い暗がりも

1つクリックするだけで 見れるサイトと同じ。

可能性は広く 視野は狭い



セカンドライフやMixiが可視化してくれなくても
インターネットの世界で出会った人の数が リアルで
出会った人より多い

ネットがなければいまの会社にも入社しなかっただろうし
大阪にも帰ってこなかった。

スポーツの世界の広がりも無く アテネオリンピックに行く
こともなかった。

行動の重さはいつの時代も リアルも ネットも同じ。



ネットが無い時代も同じ
就職情報誌が無ければ会社も知らなかっただろうし
人の紹介が無ければ出会ってない人も居る。




金曜の夜22時に 「明日富士山登らへん?」って電話を
掛けてくる 高校時代の友人の馬鹿さ加減が最高。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »