« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ブログる まわる

ブログる まわる
独り暮らしを始めたのと同時期にかなり(当社比で)忙しくなって

家に帰ってもパソコンを開ける気力もなく

そんなこんな過ごしてたら

自分ちのパソコンにRSSリーダーが入ってることすら忘れてた


いまはまためっちゃ楽になって(前期比)そういえばって感じで思い出して開く

後輩や先輩や あの人やあいつの

久しぶりに読んだブログが

なんかちょっと 最近へたれ気味な自分に覇気をくれたり

あいつもまだどこかで 少しずつ変わりながら

過去を忘れて今を 少し懸命に生きてたり

そんなこと考えて

まだ自分も負けてらんないね

| | コメント (0)

天神祭

天神祭


花火大きく雨となり


麓の港に 明かりを灯せ


久しき夏の 想い吹け


然したる指の 行く末いずこ

泊まる宿舟に 時を留め

流れる雨が 病む終える日を

| | コメント (0)

気持ちは壁を越えられる

気持ちは壁を越えられる
何が足りなかった

ガンバに磐石の強さはない
どうあがいても勝てないと思わせる力


惰性は死に向かう

沈滞は毒を生む

あがけ

敢えて泥沼に飛び込め

意気が苦しく頭が重いからこそ 走りだす恐怖心が生まれる

モチベーション
わけのわからないことば


自分を奮い立たせることば
泥を食え 這い上がりたければ

| | コメント (0)

東京二泊三日

東京二泊三日
東京には大阪にないものがあるのは事実。ただ、大阪でそれを0から生み出せないわけじゃないし、創ってきた人達も見た。

どこに行っても通用するもの。まずは自分の中のコアを。それがないと何もぶつからない。行くのならそれを持っていきたい。


久しぶりに喉を鳴らして馬鹿言って。ラストでダーツで負けて本気で悔しくてなんだか面白くなって。揚げパン食べにまた来たい。内に秘めるものは強く、光るものは足跡になる。


連日5時就寝8時起床。薄暗い光が気持ちに染みる。忘れてたもの。取り戻したもの。まず大阪に帰ってコーヒーメーカーを買おう。照明を変える。書斎を作る。やる気は自らの葦で創られる。

馬場も東伏見もなんか変わりすぎてなんか失笑。でも夏の空気の重さは変わらず。円陣を見て列車を降りる。なんか新しくて嬉しい。街も自分も変わり動く。

| | コメント (2)

さりげなく 世界陸上@Nifty

さりげなく応援。

為末ってNiftyでブログ書いてたんやね。。

それにしても「30万を2000万に変えたタイへの投資の話」って...
http://nifty.bk1.jp/product/2699457?partnerid=01nifty07

やるなぁ。。


でも世界陸上で大阪がどれだけ盛り上がっかなー。

テレビだけ盛り上がっても
正直面白くないんやけどなぁ。
このままやと

視聴率取れた チケット売れた 日本人勝った

ってだけで終わっちゃう気がする。。

それじゃーおもろない!なんかしたろ。。。




でも日韓ワールドカップも同じ。
2002年が終わって、一般社会
(あえてこう言う呼び名をするけど)に
残ったものなんてあるのかな。

あなたの押入れの中の青いユニフォームくらいかな。
背番号は何番?

| | コメント (0)

ベトミンサッカー

ベトミンサッカー
あの場に居れなかったことを少し後悔

ベトナムのサッカーの最大の特徴はFightingスピリットである

セカンドボールをどれだけ拾えるか

相手のロングシュートに少しでも体を寄せれるか

正直、アジアカップが始まるまでは、東南アジアサッカーはアジアのサッカーの発展から取り残されていると誤認していた。西アジアの強化、東アジアの普及、その波が東南アジアを草刈り場にすると勝手に思っていたが、実際は違った(残念ながらマレーシア以外‥ )

問題は次のワールドカップ予選。次に繋げるには強化の基盤が弱い。サッカーの土壌はある。マネジメントする力が生まれるか。
ベトナムリーグに期待。

朝日新聞の偉そうなテレビCMなんかで宣うほど、サッカーはたいそうなものではない。

サッカーはサッカーで
スポーツはスポーツだ

だからまずは スポーツとは何かを マスコミには考えてもらいたい みんなで考えるからさ

もっとスポーツを
身近なものにしていきたい
スポーツってすごいんです
なんていう人が多いから
スポーツを嫌いな人が増えている

| | コメント (0)

風のようにいつか詩を歌えるから

風のようにいつか詩を歌えるから

社会人になった

笑顔が減った

疲れが増えた

風邪が治りにくくなった

サッカーをしていても走れなくなった

自分の思い通りのプレーができる時間帯が激変した

夜眠れなくなった

飲みたい日が増えた

人に冷たくなった

手首が痛くなった

意地を張った

嫌われようとした

頭が重くなった

謝ることが増えた

怯えるようになった

胃が痛くなった

頭を抱えた

人前で舌打ちするようになった

悪態を吐いた

罵られ覚えることもあった
血を吐いた

泣いた

叫んだ

働いた。

駆け抜ける風のように
帰らない歌のように
過ぎ去った時間が長くとも嬉々として夢を語りたい
いつでも歌を歌えるから
いつか詩を歌えるから

| | コメント (2)

朝靄晴れまし

朝靄晴れまし
運動神経が悪くて

音感やリズム感はからっきし

誰かに習ったわけでもなく
ましてや人前で踊ったことすらないのに

踊ることで 自分が生きている感情を
思い現すことができる

子供の頃からずっと思ってた

とくにこんな 朝方の雨降りの終末に

| | コメント (0)

日本スポーツ産業学会

西武新宿線に乗ることはもうないと思っていたけれど(笑)

7月21日~22日に東伏見で開催される
日本スポーツ産業学会に行ってきます。

知ってる人が5人も発表するし、今後の自身のためにも
行っておきたいイベントだったので、20日には会社休んで
前日異動。

でも発表者や組織を見ているとやっぱり日本のスポーツは
東京に集中してきていることを感じる。
地域総合型スポーツとはまったく乖離した動き。
しょうがないのかなぁ。

ただ見てかえるんじゃなくて、大切なのは当日に得たことを
どうやって大阪に持って帰るか。日常に活かすか。成果を残すか。

1つ構想書を作ってます。
タイトルは「スポーツ施設における情報システム活用の現状と課題(仮)」
どこまでのもんにできるかは自信なし。。でもちょっとでもネタ仕入れてきます。


| | コメント (1)

ありえないお前のテンション

P1100002





BGMは ここ で。


埋まらないこの温度差

これでもけっこう楽しいんです。

まじかよ おまえの テンション

宮川ダイブで歯が折れた。

おれが悪いの そうかもね。




舞妓Haaaan!!! 観てみました。

いやー笑った。




さて。 朗報もあり 今年は宮川いこか。

中村屋に寄って 車で長野。

ただし 道中 グループ魂 エンドレス

必須。

気にしないで わたしのテンション

 歯が折れても笑顔でね。

お前の笑顔が見たくて

さっき10万おろしたぜ

| | コメント (0)

猫飯

Dvc00086






柄にも無く悩む。

猫は魚だけ食べていると
栄養が偏って病気になる。

でも猫は魚が好き。
だから悩む。



1つの解を見出したつもりに
なってしまうと、他の案の
駄目だしばかりしてしまう。

いつもと違う理由で呆けてる。

ベトナムに行くよりやらなきゃ
いけんことがあるのかも。

いろんなことが手に付かない悪い状態。

気が入ってない たじろぐ。焦る。

嫌になる。 もやもやるする。

馬鹿げたこと言うのではなく 
いくつかの形を絵にして 
話して 検証して。

魚を食べて生きてけるような
白猫になる その日まで。

えいちゃんといきてます。
少し変えます。

チャンネル変えるくらいの
気軽さで 着ている服を
気が得るように。


| | コメント (0)

季節外れの

季節外れの
花粉症

いつにっても
くしゃみが止まりません。

人が多いとこ
人混みの中
汗を掻いて 頻繁に発火

休まるときなし
メンテ不足

体質改善が必要です

ユトリという甘げな響き

ゆっくり歩くことが悪くて
俄無捨裸になってアホみたいに
働くことが良いとは決しておもえねぃ

忙しいふりしてるやつもいる

問題なのは
時間と進捗
浪費と目的

| | コメント (0)

眼の裏 押入れ 頭のなか

Dvc00047











頭から放射性物質が漏れています。

だだ漏れです。

だから意識的にずっと避けてます。

だから黒酢が飲めません。



何重にも塗り固めたコンクリの下から

放射性物質が漏れてきて 

夜に被爆 朝に混濁 

失明しないよう

ずっと眼を閉じてます。



 頭の中の細胞が溶けて

汗となって 体を汚します。

注水神経に煙が溶け出します。

叫びたくなって 黄粉を溶かして

中枢を満たします 盲目になって

赤いリンゴ雨を舐めて 晴れが

愛しくなります。

見えないものがたくさんあります。

いつになったら見えるようになるか

わからないものもたくさんあります。

見えない理由はわかります。

眼を閉じてるからわかります。

眼を開けて見えるものが 

暗闇だから わかるんです。




| | コメント (0)

まだまだまだま まだちっぽけで




だからこそ 立ち止まれないと 

P1100030_3









でも人が一生 生きていても

 たった1つ

生み出せるかどうか分からない

ものを

この歳で それがなきゃ生きて

けないなんて 贅沢じゃい。



生きてるのが怖いんよ

人に迷惑掛けながら お供建てず 

何も 無く消えテクノが ねっ。



永遠の翼が欲しいって歌いながら

無駄に寝れずにTSTAYAかローソンか

ミスドか白木屋に 走るくらい。



 このままずっと朝がこなければいいのに

そう思う日々と 煙草の本数を積み重ね 。

腐ってく部位もあるけれど

人は熟成されていく。 




まだまだ まだ大丈夫。 何もないことを

嘆くのには まだ早い。 

見るのは足元  輝くのは今宵の月。




| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »