« 花粉症の二次災害 | トップページ | 声の小さな男の子 »

シュウカツとリクナビのふしぎ


転職のあれを リクネク って呼ぶんだって。

でも よく考えれば リクネクだってリクナビだって
完全なオープンの場で戦わなければいけないってこと。

みんな横並びで「まずはリクナビ」って状況。

シュウカツが始まる前に決めちゃうことが難しくなってるんかな。
何もドトールで鉛筆持って手書きでエントリーシート書かなくても
「こいつ使える」とか、コネでも「こいつ採用せな」ってなったら
それでシュウカツ終了。
まぁそんな人が少ないから企業は採用をするんやけれど。

バズマーケティングが本当に信頼できるマーケティングの手法なら
採用だって同じこと。でも人が見てるのってほんの一握りで大学の
大学で全然目立たなかった奴が仕事できたり、ゼミやサークルで
代表やってました!って人が仕事ではほんとに使えなかったり。

だからこそ いろんな面で人を診る。
それでも外れや当たりもある。

採用される側も同じ。 横並びで並ばされて たった数回の筆記
試験と面接で決まっちゃうような状況。 みんながスタートする前に
走り出しちゃえばいいのに。 
入札前に談合。コンペ前に内諾。当て馬が並んでみんな扱ける。
出来レースにしちゃえばいいのに。 自責の念もこめて。

|

« 花粉症の二次災害 | トップページ | 声の小さな男の子 »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花粉症の二次災害 | トップページ | 声の小さな男の子 »