« 初夢 | トップページ | 営業の意識 »

半人前

P1040080




未熟者は人にあらず

正しいのは常に周りの評価 

役に立たねば見捨てられる

最前線には鉛が飛ぶ

臓器が叫び 背中が凍る

避けて通るか見過ごすか

前に進むに必要か

闘いを好む人はおらぬが

戦えぬ奴は生き残れない

足が 手が 声が

震えたとしても

自ら飛び込むその意思を。

平穏と堕落は紙一重

気づかぬように逃げるその道は

緩くなだらに転げ落ちる坂。

半人前はいつか鎖に

未熟者はいつか腐る。

痛みを堪える苦痛の表情

楽しめる笑みを 余裕と吐血を

死ぬわけじゃない 殺されはしない

何もせんでも死んでいく

やってもやらんでも死んでいく

行かんでもええか せんでもええか

嫌なことはしたくないか 痛いことは嫌なんか

めんどくさいか しんどいか 

やめたいんか 逃げたいか



坂を下るのは 滑車のごとく

貴方がそこに居る意味を




|

« 初夢 | トップページ | 営業の意識 »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夢 | トップページ | 営業の意識 »