« 想いを伝える以前の問題-営業に必要なこと- | トップページ | 『システム屋営業』の市場価値 »

ゴールキーパーという仕事



少し前の話になるけど、今年の高校選手権の準決勝。
盛岡商高と八千代高の試合。

ロスタイム。ゴールキーパーが跳ね返そうとしたボールが転がった。

キーパーはうなだれることなく、ボールを前に運ぼうとしたが
試合終了の笛が鳴ったとき 憚らず泣いていた。

キーパーが背負うもの。 それは他のフィールドプレーヤーが思うより
重たくて ほんの少しやっかいなもの。

でも たぶんとても 大切なものを背負っている。



小学校の頃はいつの間にかゴールを守っていた。
同世代より背が高かったからだと思う。
いま思うと嫌なキーパーだった。目立ちたがりのGK。
触ってもいないシュートを自分が止めたかのように振舞ってた。
ガキっぽいけど 楽しかった。



ただ、いつもゴールキーパーを続けていたわけでなく、中学で
サッカーをやめてしまってた自分にとって、サッカーのゴールは
大きすぎた。

中途半端に止めてしまって、高校の頃はフィールドプレーヤーを
続けていたけど。こんな自分にも生涯を通じてキーパーコーチが2人いた。


1人は高校の先輩。もう1人は大学に入ってから所属した
フットサルチームの正ゴレイロ。



よく言われてたのは技術的なことじゃなくて
「キーパーが声を出さなくてどうする」ってこと



まわりが落ち込んだり、沈んでいるときに声を出す。
先輩後輩関係なく、指示を出し怒鳴ることもある。



普段あまり感情を表現しない(と自分では思っている)
自分にとって、そうすることが苦痛だった。現に今も会社で
声を出すことが出来なくなってしまっている。



でも 本当に勝ちたい いつの試合だってそう思っていれば。
自分が一度もボールを触れることなく勝った試合が一番充実
している。たとえそれが会社の遊びのフットサルだとしても。



キーパーに求められるものは 小さな違いかもしれないけど 
たぶんそのゴールキーパーの数だけ存在する。



その中で、自分は 自分が目立つことが無かったとしても
チームが同じ目的を持って それを達成できたときの 
その1つの駒でいたい。



必要なことはDFやフィールドプレーヤーに信頼されること。
チームが必死になって、目標を達成しようと前に進んでいく姿。
それを支えるゴールキーパーになりたい。



キーパーの練習は地道な反復練習。訪れるかどうかすら
わからない そんな瞬間をイメージして、何度も何度も繰り
返して体に覚えこむ。
信頼できるキーパー。 常に全力で練習に取り込み 
安心感を与えることができること。

キーパーの寿命は長い。 永遠に生きるかのように学んでいきたい。


|

« 想いを伝える以前の問題-営業に必要なこと- | トップページ | 『システム屋営業』の市場価値 »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想いを伝える以前の問題-営業に必要なこと- | トップページ | 『システム屋営業』の市場価値 »