« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ゴールキーパーという仕事



少し前の話になるけど、今年の高校選手権の準決勝。
盛岡商高と八千代高の試合。

ロスタイム。ゴールキーパーが跳ね返そうとしたボールが転がった。

キーパーはうなだれることなく、ボールを前に運ぼうとしたが
試合終了の笛が鳴ったとき 憚らず泣いていた。

キーパーが背負うもの。 それは他のフィールドプレーヤーが思うより
重たくて ほんの少しやっかいなもの。

でも たぶんとても 大切なものを背負っている。



小学校の頃はいつの間にかゴールを守っていた。
同世代より背が高かったからだと思う。
いま思うと嫌なキーパーだった。目立ちたがりのGK。
触ってもいないシュートを自分が止めたかのように振舞ってた。
ガキっぽいけど 楽しかった。



ただ、いつもゴールキーパーを続けていたわけでなく、中学で
サッカーをやめてしまってた自分にとって、サッカーのゴールは
大きすぎた。

中途半端に止めてしまって、高校の頃はフィールドプレーヤーを
続けていたけど。こんな自分にも生涯を通じてキーパーコーチが2人いた。


1人は高校の先輩。もう1人は大学に入ってから所属した
フットサルチームの正ゴレイロ。



よく言われてたのは技術的なことじゃなくて
「キーパーが声を出さなくてどうする」ってこと



まわりが落ち込んだり、沈んでいるときに声を出す。
先輩後輩関係なく、指示を出し怒鳴ることもある。



普段あまり感情を表現しない(と自分では思っている)
自分にとって、そうすることが苦痛だった。現に今も会社で
声を出すことが出来なくなってしまっている。



でも 本当に勝ちたい いつの試合だってそう思っていれば。
自分が一度もボールを触れることなく勝った試合が一番充実
している。たとえそれが会社の遊びのフットサルだとしても。



キーパーに求められるものは 小さな違いかもしれないけど 
たぶんそのゴールキーパーの数だけ存在する。



その中で、自分は 自分が目立つことが無かったとしても
チームが同じ目的を持って それを達成できたときの 
その1つの駒でいたい。



必要なことはDFやフィールドプレーヤーに信頼されること。
チームが必死になって、目標を達成しようと前に進んでいく姿。
それを支えるゴールキーパーになりたい。



キーパーの練習は地道な反復練習。訪れるかどうかすら
わからない そんな瞬間をイメージして、何度も何度も繰り
返して体に覚えこむ。
信頼できるキーパー。 常に全力で練習に取り込み 
安心感を与えることができること。

キーパーの寿命は長い。 永遠に生きるかのように学んでいきたい。


| | コメント (0)

想いを伝える以前の問題-営業に必要なこと-



お前からはどうしてもこの案件が獲りたいっていう想いが伝わらない



自分がこの業界に向いてなくて
尚且つ営業にも向いてないのかな
って思う瞬間。

何が何でも獲ってやるって思わないこともない。
これは獲りたいって思うこともあるけど、正直
そうじゃないときもある。

選り好みできるような状態じゃないのは数字を
見れば一目瞭然。でも営業の価値がイコール
数字だって思えば思うほど向いてないと思う
(思ってしまう)

会社の目標が売上と利益と永続的な成長であれば
営業はその一番先っ走りになってその目標を
具現化するのが役割。 会社の経営者はこの案件を
獲りたいかなんて思うこともない。獲らなければ
いけないし、獲ろうと思わなければ獲れない。
自分の悪い癖だ。技術にも先輩にも同期にも指摘される。
考えてるんじゃなくて悩んでるんじゃなくて止まってるだけ。
動けないだけ。意味が無いことややりたくないことなんて
やれないとか、どうすればいいかわかんないとか。
わかっちゃいるけど甘ったれていてきもい。
どうしたら獲ろうと思えるようになるかじゃなくて、もっと
どうしたら獲れるのかを考えなきゃいけないのに。
考えるんじゃなくて行動せなあかんのに。あれやね
3歩遅れてる。30年前の日本サッカーじゃないんやから。
その3歩の差はどんどんと遅れていくだけになる。
分かってるんだけど動けてないんだから分かってないこと
と同じ。獲りたいって想いを伝えること。獲りたいって思う
ために。もっとやっぱり必死にならなきゃいけんのかな。
必死やないんかな。気づけばいろんなことに追われて
一日や一週間や一年があっという間に過ぎてって、
自分の体が嫌になってるけど。気が付けば書いてる
ことの意味は昨日のブログと変わっちゃいないや。
命は果てるもの。わかっちゃいるけど(ミスチル)って。


| | コメント (0)

サッカーボールを銃で撃つ

日本の若者は、別に「世界」で勝たなくてもよいのかもしれない

幸せについて考えてみた。戦争についてちょっと想ってみた
50年以上前 うちらのじいちゃんばあちゃんの少年時代に
起こっていたことを空想してみた。何も分からなかったけど
そこから今を思ってみたりした。

「幸せだけど高度な表現がない社会」と「不幸だけど抑鬱感ゆえに優れた表現がある社会」とどちらがいいか

日常に麻痺すると何も生まれないんだと思ってる。たとえば
勝ちたい 生きたい 何かを残したい 何かを成し遂げたい
という思いは 何かが欠乏していなければ生まれないのかな
あいつには負けたくない ムカつく いつか勝つ 悔しさや憎悪
そんな気持ちが良質な文章やロックや勝利への渇望を生むのなら
何だって利用してやろうなんて 前向きに思えたら良いけれど
悪いほうに転がっちゃうと きっとみんな駄目になる。
人間ってなんで現状を幸せだと思えないようにできてるんだろう
なんて なんで人間ってもっと豊かに もっと幸せに もっと楽しく
なんて 欲があるんだろう って思ったりしたら悲しくなって
それでも自分の欲を否定したりできなくて 成し遂げたいことがある
もっと幸せな世の中にしたい 自分勝手な幸せな世界 スポーツが
無くても誰だって生きてけるのに スポーツで人を幸せにしたいなんて
誰もかも蹴り上げてのしあがってハングリーで無ければ勝てないなんて
サッカーはサッカーだ それ以上でもそれ以下でもない。 
スポーツの魅力を過信しない。スポーツをもっと
日本は変わらなければいけないのか。自殺したければすればいい。
でもそれで誰が幸せになるのか。お前か。俺か。ずっと笑顔で生きて
いける奴は幸せか。何不自由なく暮らしてる人がうらやましいか。
誰だって何か欠けている。欠けているものを少し補うための手助けをする。
それがサービスで その1つがスポーツで またそれがビジネスになる。
人が車を買うのも服を買うのも映画を観るのも音楽を聴くのも公園を走るのも
飲み屋で飲むのも スキーをするのもパチンコに行くのも 家でWiiで遊ぶのも
スタジアムにサッカーを観にいくことも。
「幸福な国民では勝てないというのなら。 国民は幸福な方が良い」
「日本の若者は、別に「世界」で勝たなくてもよいのかもしれない」
スポーツは勝つことが前提だがスポーツの存在価値は勝つことではない
音楽は誰かに伝えることが前提だが、 誰にも伝わらない音楽もある
演劇に観客は必要か 客席の無い舞台や映画は意味が無いのか
何だってビジネスになって 何だって消費されて 価値は人が決めて
それが金額に換算されて でも幸せな時間の価値と費用のバランスは
たぶんいつだって自分が決める。Crazy for you と Rock you 意味は
違えど答えは同じ。広がる花火には音がない。エンジン音のしない車。
銃を持ち人を撃つこともできる。ペンを持って書くこともできる。PCを
打って走り回ることも。ギターを抱えて歌い続けることも 誰かの手を
握ることも。 キャッチボールをすることも。
欲望を実現させるのが手であるならば なぜ2本も必要なのか。
だらだら書いて 一休み。 考えないで打つ文章はいつだって蟻が這う。
嫌いなものはなんですか。いつだって自分が嫌いです。自分が自分で
あることを確認する。言い換えれば生きてるということを実感するときは
何も幸せである時間だけだとは限らない。車が丘に跳ねるとき。誰かの
体を突き飛ばした瞬間。ナイフをもったその重み。抑えきれない程の怨み。
遠くで見える小さな炎。消え往くような雪の空。ゆっくりと変わる空の色。
一枚の手紙。誰かのブログ。BOOKOFFで見つけた本。新聞の1つの記事。
テレビの中の涙と血。 ほら 自分じゃないとこで自分を見つけてる。
誰だって自分の主人公。脇役から得る言葉は多い。役者になるのは誰かを
想うこと。役者は脚本家の思想を超える。台本は無い。役者はいつだって誰か
に活かされる。小さな胸の痛みと吐き出しそうな違和感が。川の流れる音すら
聞こえず。体の痒みが消えません。膿のように湧き出る思い出。対処法は
いつだって乱暴。切って貼って全て晒せて。空気に触れて気化して聞かせて。
頭の離れに残ったノコギリ。いつだって切れ味は鈍い。切るんじゃなくて
押しつぶす。潰して出るのが膿と声。叫ぶ痛みは今この瞬間。声のみ馳せて
膿はまた泥へ。三年生の憂鬱の時間。高校大学何が出来た。あぁまた頭が偏頭痛。
一度に出来なし体が心配、なんていえる訳がなし。奥田民生が流れる頭に
浮かぶ笑顔はいつも泣きっ面。ほらもう世が明け今日もまた蟻が死ぬ。

| | コメント (0)

空にたくさん

空にたくさん流れるものは何だって恐いんだ

「ねぇねぇ。お空にたくさん流れてたよ」
「何が?」
「やかんだよ」

「ねぇねぇ。お空にたくさん流れてたよ」
「何が?」
「ウランちゃんだよ」

「ねぇねぇ。お空にたくさん流れてたよ」
「何が?」
「ちくわぶだよ」

「ねぇねぇ。お空にたくさん流れてたよ」
「何が?」
「山師だよ」

「ねぇねぇ。お空にたくさん流れてたよ」
「何が?」
「歯磨き粉(液状)だよ」

「ねぇねぇ。お空にたくさん流れてたよ」
「何が?」
「あれは涙だよ」




飽きて眠くなったので途中で放棄。





| | コメント (0)

東京の街



東京の街を出てきました

相変わらず訳の解らないこと言ってます
恥ずかしい事ないように見えますか
雨に降られて彼等は風邪をひきました
相変わらず僕はなんとか大丈夫です
よく休んだらきっと良くなるでしょう



永山も新宿も青山も新橋も5年ぶりくらいの感覚
といっても大半ふらふらで見てません。

そんなときにくるりの「東京」を思い出して
東京の街「を」に変えて熱っぽい頭の中ずっと
繰り返したりして、東京に戻りたいってあまり思わ
なくなったなぁと。それより東京に戻りたくないのかも
と思ってみたり。難しいけど。

コンサルになった友人の日記読んでて、コンサルが
国政に与える影響の大きさ(&確実性)について
考えてみたけどイメージできず。ほんまはちょっと
話したかった。

新宿駅の南っかわが昔から工事してて、タクで前を
通っても大きな変化が無かったのでがっかり。

あんなに人が多いところだったかな東京って。
どうやったら東京に住みたくなくなるかな。
どうやったら地方に住んでもらえるだろ。
パチンコしか娯楽がないとこじゃ無理?

家にも行きたかった。久しぶりに生姜焼きも食べたかった。。
けど食欲も無くて満足に喋れなくてホテルからそのまま
東京駅へ。新幹線が一気に嫌いになった。
懐かしさはもうちょい取っとこうってことかな。まだ何も
報告できることしてないし。

相変わらず訳のわからないこと言ってます。



| | コメント (0)

風邪って曖昧

「あ〜扁桃腺大きぃねぇ」
「喉痛いでしょ?」
「風邪ですねぇ」
「薬出しとくねー」

この間約30秒

久しぶりにセフゾンのピンクの錠剤を拝見

左の扁桃腺で菌が眠ってた。

新幹線に乗った。寝ないように頑張った。満員電車で汗をかいた。泊まった部屋がめっちゃ乾燥してた。風呂桶にお湯を貯めて湿度を上げてたら火災報知器が誤作動した。2回警備員が飛んでくる。次の日案の定頭痛と発熱。

めっちゃ水飲んで何回か吐いて打ち合せ中にも立ちくらみ(座ってたけど)

宗教にお金を出す気持ちがわかる。信じるものがあるという対価は重い。

| | コメント (0)

絶対に切ってやる

また扁桃腺が腫れてきやがった。
もうほんと無理。巣窟。
リスク獲っていきましょうリスクにはチャンスとロス。

病を患うと余裕が無くなる。
満員電車の若禿に関西弁で怒鳴り帰したら静かになった。
あかんなぁほんま。
でもまた横浜線でぶつかってきた奴の背中に蹴入れたくなる。

病は人を貧しくする。

元凶は?自業自得。

携帯でブログを書いて気を紛らわす。あと8駅。

隣の眼鏡のカバンが肩にぶつかる。割りたいなぁ眼鏡。

| | コメント (0)

1週間遅れで東京

今週末に研修のため東京に。
多摩市。うーん。東京。
1週間早かったらなぁ。残念。。
おれもまずはここでガンバるか。
Dvc00048






昨日は残念。でも今日は久しぶりに
歩いて食べて飲んで食べてまた飲んだ。
頭の中は飲茶。。美味しかったです。
おみくじは「吉」 
 うぐいすの 谷の戸 いづる こえはして
    のきばの 梅もさき そめにけり
久しき間の苦しみも時至りておのづから去り、なにご
とも春の花の咲く如し、しだいしだいに栄えゆく運な
り。安心してことにあたるべし。
去年で厄年(後厄)が終わりました。

去年の暮れからGの高橋に
似てるって言われることが前より増えたました。
太ったからだろ。。とネガティブにGoogleイメージを
検索してみたら。。
眉毛が似てる!あと長方形っぽい顔で角が丸いの。
そう。丸い。
Taka





Blogとか日記って書き方によって性格が現れるけど
それって簡単に作れたりしちゃうもんで。
悪いことばかり書いてても全然そんなこと思ってなかったり
悲観的な文面でものほほーんと生きてたり。
人間って簡単に泣けるんだもん。
やっぱだもんとか言ってる時点で93%俺じゃない。

| | コメント (0)

営業の意識


社内ではお客さんのことを考える

客先では社内のことを考える

どうやったらこの案件を

ちゃんと正確に

尚且つ魅力的に伝えられるか

どうやったらこの提案を

合理性と納得感と

ほんの少しのお得感を持って伝えられるか


社内のために客先に行く

お客さんのために社内で動く

これ聞いてきた?これ知ってる?

なんでこの値段? なんでこの提案?

この値段にすれば取れます なんて 

それすら伝えられなかったこと

自分が一番分かってる 

何がしたいか分かってる 何が出来るか分かってる

そのために必要なのは 会うことじゃなくて 考えること

とりあえず会え じゃなくて とりあえず考えて会え

世間話も大切 ゴルフの話も 旅行の話も 息子が最近こんなことしてる

そんな話も面白いけれど

聞かなきゃいけないのは 分かってなきゃいけないのは


| | コメント (0)

半人前

P1040080




未熟者は人にあらず

正しいのは常に周りの評価 

役に立たねば見捨てられる

最前線には鉛が飛ぶ

臓器が叫び 背中が凍る

避けて通るか見過ごすか

前に進むに必要か

闘いを好む人はおらぬが

戦えぬ奴は生き残れない

足が 手が 声が

震えたとしても

自ら飛び込むその意思を。

平穏と堕落は紙一重

気づかぬように逃げるその道は

緩くなだらに転げ落ちる坂。

半人前はいつか鎖に

未熟者はいつか腐る。

痛みを堪える苦痛の表情

楽しめる笑みを 余裕と吐血を

死ぬわけじゃない 殺されはしない

何もせんでも死んでいく

やってもやらんでも死んでいく

行かんでもええか せんでもええか

嫌なことはしたくないか 痛いことは嫌なんか

めんどくさいか しんどいか 

やめたいんか 逃げたいか



坂を下るのは 滑車のごとく

貴方がそこに居る意味を




| | コメント (0)

初夢

サザエさんを観た影響だろうか
2日の早朝に見た初夢は自身が
カツオ(勝男)君になっている夢
だった。

カツオ君になって何をしたかは
覚えていない。

英語で何かを叫んでいた気がする。
人を幸せにすることは難しい。
にっちもさっちも家に来ない。
前ばかり見て歩いてると転んで
怪我をする。
足元ばかり見て歩いて気づいたら
ずっと同じとこを回ってたとか。
須藤元気っていい試合するね。
ただいまPCデフラグ中。終わったら
寝よ。

| | コメント (0)

少しずつ 具体的に


・毎週の目標を定める チェックとレビューを繰り返す

・本を読む 頻度を定める レポートに残す 読み返す本を増やす

・読んだ本を記録する

・Blogを改変する

・家に居て何もしていない時間を減らす

・サッカーを見る時間を増やす スタジアムに行く

・定期的に時間を作る 木曜夜19時

・土日も風邪を引かないと決める

| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »