« 何も無い雨の日曜日 | トップページ | あーした天気になーれっ。 »

自分が作りたいもの、売りたいもの


生きる飢えで必要のないものが創りたい

いま打っているものは 世の中に必要の無いものだと思っている

これが矛盾、 盾と矛

「こんなものが作りたいんです!でも世の中の役に立ちません」

実学じゃない学問に惹かれるように

ギターやピアノ そして役者の声や Jリーガーの叫び声に感動するように

生きる飢えで 表面上は必要の無いものを創りたい。


必要はない、ただ存在する意味はある。

そしてそれがビジネスとして成立している。

いい世の中だ。 


たぶん自分が必要だと思う判断基準や評価、
はたまた定義が違うのかもしれない


水道や電気が無くちゃ生きていけないけど
サッカーや音楽が無くても生きていける


生きていく上で必要でないもの 

MIXIもインターネットも同じ、無かった時代には
無いことが当たり前だった。

無かったけど たぶんというか絶対 誰かが皆が
必要としていたからこそ生まれた何か。

それがないのであれば この中から無駄が無くなってしまう。

こんなんあればいいのに。 とかじゃなくて

「これがあるから生きてて良かった」 そう思えるようなこと。

生きるために必要なことじゃなくて

活きるために必要なこと。

いまそれを表現するのは難しいことなんだろか

誰かが活きるために。いま。

|

« 何も無い雨の日曜日 | トップページ | あーした天気になーれっ。 »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何も無い雨の日曜日 | トップページ | あーした天気になーれっ。 »