« クレド | トップページ | Dieu le veult! »

フットサルの新しいビジネスについて


コートは1時間1コート 7000円~15000円 で場所や時間帯によって
けっこう差はついてきたけれど
フットサルの大会は1大会につき大体3~4試合で15000円が相場。

もともとのコートの価格自体が価格の変動がないために、安定した
(借り手から見れば競争原理の働いていない)価格なのだけれども

大体その値段の大会だとすれば その半分が粗利だと思っていい。

審判代やスタッフの給与がまた大きいのだけれども

採算度外視(つまり収支トントン)でやろうとすれば 
大体1チーム5,000円から6000円くらい。

つまり何が言いたいかというと フットサルコート(事業者)にとって見ると

フットサルの大会は儲かるのである。

それに 普通に貸すよりも 手間やチームの手配に労力が掛かるけれども
何よりイベントをやってるほうとしても大会は楽しい。盛り上がる。

ただ、残念なのは 大会が一過性のものに終わってしまうこと。

ダーツではICカードに自分の戦跡を残すことが出来る。 
同じ原理で日本全国のフットサルチームに順位をつけることが出来る。

何もフットサルに限ったことじゃなくて テニスでもバスケでも 何だっていい。
ダーツに出来て 他のスポーツでできない訳が無い。

課題はインフラのみ。 それも、PCとICカードリーダーがあれば 
全国どこにあるフットサルコートでも 始めることだって出来る

この考え方。 もうちょい先まで考えてます。 とりあえず社内で申請。
通らない可能性も大きいので もし無理だったら次頼みます。

|

« クレド | トップページ | Dieu le veult! »

2・スポーツ見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレド | トップページ | Dieu le veult! »