« アリアハンを抜けて。 | トップページ | FF占い »

来場者把握-マーケティングリサーチ




思いつくままに羅列。マインドマップにいつか書かねば。



たとえば大阪で開かれる世界陸上

その来場者が 
なぜ世界陸上の存在を知って 
どこでいくらでチケットを買って 
誰とどうやってどこから来ていて
長居でどんな経験をすることができて

次にまた陸上の試合を見たいか
ということを それこそ5万人把握することは
本当に可能なのだろうか


去年住宅業界に営業を行っていた。
その際にたとえば住宅展示場に来場した人や
一人の営業マンが接している顧客に対して

上記の5つを全社共有することの出来ている会社なんて
それこそ「そんなことできたらいいんだけどね」って言葉を
いったい何回聞いてきたか。

考え方は確立されている。サービスマーケティングの部門の
進化は高いレベルまで達してきている。 次はその方法論。

WEB2.0はその1つの答えにはなる。

偏った顧客層からは全体を見ることは出来ない。
ただ、その偏りから全体に普及していく「声」が購買動機の
ウエイトを占めるようになれば。それがWEB2.0を利用したマーケティングの極み。

化粧品。家電。本。健康食品。グルメ。 
何かを買おうとするときに誰かに意見を求めようとするもの。
AIDMAからAISASへ。
ネットショップだけの話ではなく上に上げたものと親和性の高い商品であれば。
車を買うときに何を参考にするか。家を買うときに何を参考にするか。
スポーツを観にいくときに 何を参考にするか。

日本において スポーツは一人で観にいく楽しさよりも 
本当に真剣な試合に 誰かと観にいくような ドキドキ感 が 必要。
危機やチャンスを共有している一体感。 

日本においてスポーツはエンターテイメントではなくなってきている。
その意味で欧州のスポーツと近いものがある。チームと心中するサポーター。

純粋に楽しみのためにスタジアムに来ている人もいる。
ただ、映画や演劇に詳しいことが ちょっと偉そうな雰囲気を出しているこの現状
からすれば ほんとに気楽にスポーツを楽しむことのできるようになるまでは時間がかかる。
日常の それこそジャンカラ(歌広か)に遊びに行ったりニンテンドウDSをやるくらいの気楽さで
スポーツを観にいけるような人は まだいない。

ただ、言えるのは身近にいいお手本がある。

 コアなサポーターを 阪神ファンのように根付かせることが
 大阪の街にスポーツを広げる1つの手段になる。
 日本人はオリンピックが好きだ。オリンピックの価値を上げるのは4年に1度でいい。
 ただ、毎週価値を上げなければいけないスポーツであれば
 手法は自ずと違ってくる。 

経験の共有。 連鎖。 友連れ。 一体感。 時間的余裕。

平日の夜にスタジアムに観にいける人が多くない。それはこれからも変わらない。
忙しくても本当にスポーツが好きな人からどうやって消費を促すか。

ワンセグ。ネット放送局。ハイライト。 いつかテレビをテレビで見なくなる。
そのためのモデルを 電博さんが掻っ攫う前に。



|

« アリアハンを抜けて。 | トップページ | FF占い »

2・スポーツ見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリアハンを抜けて。 | トップページ | FF占い »