« ガンバルチカラ | トップページ | アリアハンを抜けて。 »

誰がために鐘は鳴る

Sprots と Drama の違い

それは観る者(観客)が
その構成要素の必須条件で
あるかないかの違い。

この差はとても大きい。

サービスの劇場的マーケティングを考える中で
スポーツが提供するコンテンツとは
ひょっとしたら試合ではないのではないか。
選手が役者で 試合が演目で スタジアムが舞台。
違う。

ボクシングは観客が居なくても成立する。

相手が居て コートがあり ルールに則り 試合を決める。



ただ、プロとしてそのスポーツが成り立つためには
観客が居なくてはいけない。最大の利害関係者。

誰かの行為が誰かのためになっていること。
同じように この日常では 第三者を意識することは難しい。

書き残してまだ続く。 何事もいまの自分と結びつけたがる。
誰がために鐘は鳴るのか。 誰がために声を上げるのか。
誰がために いま 眼を見開くのか。
嫌なら閉じていればいい。永遠にずっと。
涼しい部屋の中に居れば見たくないものも煩わしさも。
ただ そこには風がない。暑さを感じる痛みも無い。



|

« ガンバルチカラ | トップページ | アリアハンを抜けて。 »

2・スポーツ見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンバルチカラ | トップページ | アリアハンを抜けて。 »