« 日本のサッカーとは【ドイツW杯4日目】 | トップページ | 韓国つえー【ドイツW杯5日目】 »

決断することの力【ドイツW杯4日目】

日本の1失点目

ロングスローに飛び出した川口が
ボールをクリアしきれずに失点。
「飛び出しすぎ」だと。

日本-オーストラリア戦の審判
日本の得点を認めたことや
PKの笛を吹かなかったこと
が責められている。


何も決めれない、決断をすることの
怖さを知らない奴は 何だって言える

キーパーがゴールを飛び出すこと
審判がワールドカップで笛を吹くという事

その怖さと決断の大切さを知っているからこそ
あの場で決断することができる。

決断してきたからこそ、あの場にいるのだと。

シュートの打てないFWも あの場にはいたけれど。





ただ、キーパーの目線からいえば
ゴールを飛び出すのであれば、
たとえどんなことがあろうとも
ボールにさわらなければいけない。
審判が笛を吹いてくれなかった。
そんなことは言い訳にもならない。


|

« 日本のサッカーとは【ドイツW杯4日目】 | トップページ | 韓国つえー【ドイツW杯5日目】 »

2・スポーツ見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のサッカーとは【ドイツW杯4日目】 | トップページ | 韓国つえー【ドイツW杯5日目】 »