« それでも続く。これからも【ドイツW杯13日目】 | トップページ | アジアの純情【ドイツW杯15日目】 »

シ・セ・プエデ【ドイツW杯14日目】

使い方を間違えるととても無責任な言葉になるけれど

そう思わなければ、たとえどんな絶望的な状況であっても

前を向くことができなくなる。

オーストラリア戦 最後まで守りきれなかったか

クロアチア戦 あの1点が取れなかったのか

ブラジル戦 最後の最後まで 諦めないために


中学生の中間テストも
ワールドカップの試合も
小泉さんの後釜も
北朝鮮のロケットも

そこには自分が介することのできる意思がある。



「やればできる」 
無責任なんかじゃなくて はじまりの言葉。



誰もがそう思えなくなれば
明日から何が始まるのか。

何も生まれない。ただ廃れ滅びるだけ。

明日の朝起きることに意思はない。

ただ、毎日歯を磨くことにも、電車に乗ることにも。
会社や大学に行くことにも、学び働くことに意思はないのか。

「何も考えずにサッカーしてます」 そんな選手はいない。



「何も考えずに働いてます」 「なんとなく大学にいます」

悲しいかな そんな言葉を吐くように 煙草を吸うときがある



まず必要なもの 

行動を意思に 意思を習慣に 習慣を力に 力を夢に。

|

« それでも続く。これからも【ドイツW杯13日目】 | トップページ | アジアの純情【ドイツW杯15日目】 »

2・スポーツ見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでも続く。これからも【ドイツW杯13日目】 | トップページ | アジアの純情【ドイツW杯15日目】 »