« アジアの純情【ドイツW杯15日目】 | トップページ | 演劇 »

「オシムジャパン」って呼ばないでね

オシム氏と交渉中

これで日本のサッカーが変わる。




本当の意味で 一番変えてほしいのは

ジャーナリストと教育 

彼が隠す その言葉を 日本のマスコミがどう扱うか

それを考えるだけで楽しみになる。

もっと気楽にそして本気で楽しいサッカーを。




軽いノリが悪いとは決して思わないけれど
本気でなければ変えれないものがある





オシム語録 

限界には、限界はありません。

限界の定義は何だと思いますか。

限界は個々の選手の目標で、

限界を超えれば、

次の限界が生まれるのです。




どうだろう?おだやかな生活を送りすぎてはいないか?
サポーターはまだ拍手をくれるが、もうそんな状況ではない。
終わったことは変えられないが、未来は変えられる。
自分たちのプレーに責任を持たなくてはいけない。
やったことが返ってくるのが人生というもの。
もっと走るべきだし、タイトにプレーすべきだ。
全てが返ってくるのだからやらなくてはいけない。
走ることと責任感がなければ、ゲームは成り立たない。
君たちは何か勘違いをしている。自分だけが良い生活をして、
良い車に乗っていれば良いということは絶対にない。
サポーター・街・市原市・千葉市のためにも最高のプレーをみせないでどうする。




だけどさ、川淵さん。
決まってないのに会見で
言うのは決してフェアじゃないよ。



オシムジャパンなんて安易な言葉はもう要らない。

代表チームは誰のものか?
 
 監督のものでも、キャプテンのものでも、電通のものでもない。

 それをオシムの言葉から聞いてみたい。

|

« アジアの純情【ドイツW杯15日目】 | トップページ | 演劇 »

2・スポーツ見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアの純情【ドイツW杯15日目】 | トップページ | 演劇 »