« 初夏之香 | トップページ | ざけんな ありえね »

思い出す歌


たぶんちょうど一年位前に聞いた歌

懐かしさでも歯痒さでもやるせなさでも悲しみでも

今自分はここに居て 1つ1つ時間という名前の意識が経つ

求めているもの 言葉の1つ1つ。

あそこはコミュニケーションの場じゃない。

埋もれる気持ちも無い。 だからたぶん深く食まれない。

汗をかくことを気持ちいと思う 話したい奴と話すときの高揚感

夕方の路面電車の音 教会から聞こえる鐘の音 平日の昼間。

段々と記憶が消え行く。 ただ怖い。 何も亡くなることが。 一辺倒のとうへんぼく。

思い出せるのは それくらい。  もう眠気とか 気だるさとか。

|

« 初夏之香 | トップページ | ざけんな ありえね »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9856821

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出す歌:

« 初夏之香 | トップページ | ざけんな ありえね »