« 自分にとってのスポーツとは | トップページ | 家事 »

海の色

こないだの日曜日


眠ってたHDDを引っ張り起こして
その中の写真を整理してました。

正直最近時間の経過の間隔がなくて

あの場所にいたのは1年前だったか2年前だったか3年前だったか

そんなことすら忘れてしまうようになりました

あの海を見ていた時 たぶん 忘れることはないだろうとは思ってました。

忘れなかったです。 でも 思い出すことも出来ません。


Yondai2000


こんな懐かしい写真も 

たぶん いまはもう感覚でしか思い出せなくて

久しぶりに見る写真 とても懐かしく どこか古めかしく

これが歳を取ったということか と

登りゆく清々しさと 堕ちていく気持ちよさ

平坦じゃない道のりを思すとき

それはもはや 肌の感覚 と 写真のみ になりました。

2001年2月  大学
2002年2月  韓国/全北
2002年11月 埼玉/志木
2003年 5月 フットサル場
2004年4月  就活中
2004年8月  ギリシャ/アテネ
2005年3月  北京・上海
2005年3月  NY・LOS
2005年8月  直島
2005年12月 韓国
2006年5月  隠岐

少しずつカテゴライズして整理

ホームページのメニューにちょっとずつUPしていきます。

光を通じて眼に入る景色

頭と皮膚から流れる情報じゃなくて

たぶん 何か少しオブラートに包まれた記憶

少しずつ溶き解く作業

それができるようになっただけ いまはちょっと大丈夫。 

懐かしさも 笑顔も 

憎らしさも 熱も声も

絡み合った星屑を 1つ1つ 編み直すような。


こないだ隠岐の帰りに フェリーについてきて泳ぐ海豚を見ました。

Dsc_3722


あなたには海の色が何色に見えますか。


|

« 自分にとってのスポーツとは | トップページ | 家事 »

6・フォトアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/10106600

この記事へのトラックバック一覧です: 海の色:

« 自分にとってのスポーツとは | トップページ | 家事 »