« 休日島巡り | トップページ | サッカー選手の市場性 »

白熱灯とフリーペーパー

その会社の作る製品の拡張性(やわらかさ) と
 市場での競合性は比例する

拡張性が高い とは 作ったものを別のカタチで価値をつけることができる

いつ。誰が。どこで。どうやって。
製品を作った後に「それ」を

白熱灯 照らすという価値だけ

情報誌 情報の見せ方で価値が変わる

でも

白熱灯 簡単には作れない

フリーペーパー 大学サークルでも作れる

たぶん自分がいる業界も後者。情報システム。
簡単に作れないじゃん。って思ってたけど


情報って本当に価値があるのか


フリーペーパーもテレビも漫画も

限られた小数の人がつくった情報より
大勢多数の人間がつくった情報のほうが価値がある

本当に面白いと思うもの。毎日読むもの。 ミクシィの日記は毎日読むけど

雑誌や新聞や漫画。それにテレビ。毎日見てない。


WEB2.0の世界。 情報が変わる。 

オープンソース。 情報技術が変わる。

本当に価値のある情報を作ることができなかった。 
山火事に襲われた会社。経営トップが認める事実。


じゃあ本当に価値のある情報。そして情報技術とは。

「人がすべて」 そう言ってる会社ほどすぐに人が辞めてく気がする

証券 情報システム 出版 マスコミ 人材派遣 

その全てに共通すること。それは人に依存すること。

どっかから編集者と営業をつれてくれば 
鉄鋼会社や白熱灯を製造してる会社でも
「情報誌」を作ることができる

どっかから技術者を連れてきても
マスコミに白熱灯は作れない


じゃあ白熱灯を作ってる会社に就職したいか言われれば

何人がイエスと言うだろうか

白熱灯とフリーペーパー どっちが価値があるのだろうか

情報システムはたぶんいまその問いに答えられないでいる。

|

« 休日島巡り | トップページ | サッカー選手の市場性 »

5・技術雑録(ITやニュース)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9780800

この記事へのトラックバック一覧です: 白熱灯とフリーペーパー:

« 休日島巡り | トップページ | サッカー選手の市場性 »