« 価値を創造すること | トップページ | 日本のスポーツの世界に足りないもの »

心が湧く就職活動・転職活動


何を求めて就職 or 転職活動をするのか

職を得る のは 手段

自尊心を満たすため
生活の糧を得るため
充実感を得るため
能力を得るため
地位を得るため などなど

決して 現状から逃げるため であってはならない
逃げるのであれば別に職がなくてもいい
話が脱線。


上記のいつくかも、たぶん3つくらいに分類されて

「なりたい自分になれる」
「やりたいことをやれる」
「そこに欲しいものがある」 

書いてて恥ずかしい言葉だけど

本にも雑誌にも界隈でもブログでも溢れてる言葉。

ただ、その3つとも共通するのは

あるのは名刺だけでそこから本当に
何かを実現(達・成・得)するために
必要なことはまた別にある。

就職(転職)がゴールじゃない。わかっちゃいるけど。


振り返って自分。

結局履歴書は郵送しませんでした。
ただ単にスポーツに関わっているだけでいいなら
いくらでも術はある。具体的にどれだって言うわけじゃないけど。

自分のやりたいこと  やってると楽しぃーっておもうとき 「アハ」ってなるとき

 ・ 一人でパソコン向かって何か作ってるとき
 ・ 人の話を聞きながらこんなん作れたらおもろいやん ってなるとき
 ・ 思いつき が カタチになりそうなとき
 ・ 自分のやってきたことが形になる瞬間。手にとって満悦。

でも逆に最後まで面倒見れないし、
何か作るために誰かを動かすのも苦手。
全部自分でやりたい。

何かを作ったっていう実感。
SEだったらなーって思うこともあるけど
それも隣の芝生。
いまの自分にはわからないことのほうが多いし
ここでできないことはどこにいってもできない。

自分に足りないものがある。

すぐに見失うときは対処法を明確に。
用法・用量をよく読んで、正しくお使いください。

|

« 価値を創造すること | トップページ | 日本のスポーツの世界に足りないもの »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9716679

この記事へのトラックバック一覧です: 心が湧く就職活動・転職活動:

« 価値を創造すること | トップページ | 日本のスポーツの世界に足りないもの »