« とても弱くて儚いもの | トップページ | 自分の過去について »

毎日が山登り



山登りしたことある人なら



体感をもって分かるかもしれないけど



ゆっくりと山を登ってるときは



得も知れない充実感がある



一歩一歩噛み締めて 自分が登っていることを実感する



上り始めた最初はほんま重くて進めないけど



歩んでいるという 地面からの跳ね返りが 



何かを成し遂げようとする 今を感じさせる









その反面



降っているときはどうだろう



たぶんゆっくり降っていけば 自分が登ってきた高さも



実感できる



でも



転げ落ちるように 堕ちてしまえば



いつのまにか 後戻りできなくなる











前置きが長くなったけど



たぶん人のテンションやバイオリズムも同じ



下がっていることを ちゃんと噛み締めて



いま調子悪くなってる って自分でちゃんと自覚すれば



下った原因も分かるし 登るためのきっかけもつかめるようになる





原因が分かっても 解決できないこともあるけれど



何もしないで堕ちていくより きっといくらかマシになるよ










|

« とても弱くて儚いもの | トップページ | 自分の過去について »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9228086

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日が山登り:

« とても弱くて儚いもの | トップページ | 自分の過去について »