« High and Low to The Edge | トップページ | ブログたくさん »

なんでトリノにいないんだろう

開会式を見た ものすごい正直な感想



 なんであの場にいないんだろう って





その思いからは

もう逃れられないの

かもしれないけど



いつものごとく 

その度胸があるかと

言われれば



腕の痛みとともに

口を閉ざしてしまう





好きなことを本当の仕事にすることの



いやらしさと無常さと 怖さに 脅えてる



好きなことだけして生きてけないよ なんて



 それは物分りがいいってことでも何でもない















切に願う 強みが欲しい 



どこにいっても 通用する自分の武器が欲しい



誰から見ても一目瞭然で分かるような特技か才能か



自分だけにしか出来ないこと 必要とされること



何もないから不安になる







無いものねだり



自分の情けなさや 駄目さ加減を



嘆く暇があれば



動くことはできるはず



動いてから考える



一日一日を少しだけ大事に思ってみる



遠くばかりみてないで 今歩いてる道を確かめて







気が狂いそうなくらい 今の自分は無力だ





でも それが現実  刹那な日常   変わらないと何も始まらない





自分って駄目な奴  それが分かった次のステップ  動き続けること





自分 高速回転中





まわってまわって  たぶん 少しだけ 前に進んで







独楽のように  回り続ける 



眼が回って 倒れたとしても 手折れたとしても



駄目な自分を愛せはしない 


|

« High and Low to The Edge | トップページ | ブログたくさん »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

デンスポでお世話になった伊丹です。先輩、相当お疲れですね。
自分だけにしか出来ないこと 必要とされること

何もないから不安になる

社会人1年目では誰もがそう思うのではないでしょうか?若造にそこまで重要なことを任せてしまうと言うことは何も会社を大きくすることはないはず。また、必要とされていない、期待されていないルーキーなんて存在するのでしょうか?「内定をもらった」時の気持ちを思い出してください。また、少なくとも私がデンスポに出会えたのは、小森さんが配ったビラがあったからですよ。デンスポに入ってなかったら私は多くの方々との出会いがなかった。今度飲みましょう!!

投稿: いたみ | 2006/02/12 午後 08時38分

ありがとです。なんか伊丹君をはじめみんな今の時期、
就職活動で頑張ってるのをブログを見たり、電話で聞いたりしてて不覚ながらちょっとうやらましい って思ってました。

まわりの先輩を見て
いまの自分を見てしまうと
やっぱりどうしても見劣りするから

自分を冷静に見ること
  それでも 自分を卑下しないこと

これがいまの自分にはちゃんとできてないんやと思う

いまの自分が胸を張って大学時代の友人に会えるかどうか
って考えたときに まだ胸をはれないのを自覚

でも 「 粗にして野だが卑ではない 」

自分を卑下することなく 冷静に自分が歩いてる道を見て

またいつか胸をはって東京に帰る日を

思って頑張ります^-^

投稿: Como | 2006/02/12 午後 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9228071

この記事へのトラックバック一覧です: なんでトリノにいないんだろう:

« High and Low to The Edge | トップページ | ブログたくさん »