« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

時間の流れは波の如く

時間めっちゃ速い。



矢とかそんな速さじゃなくて

気がついたら時化てきた。



干潮と満潮。





いつの間にやら海の中



たぶんいつかは陸の上



荒川さん きれいだね。







ちょっと前の夏にアテネに行ってて

こないだアメリカと中国に行ったはずだったのに



ほんの前に小田急線と京王線に乗ってて

山手線で揺られてた。



一年っていう時間。365日。 1日1日がたぶん。



たぶん怖いくらいに時化ていく。



気が付いたら 波が音も無く


| | コメント (0) | トラックバック (0)

飢餓が水を吸い出す姿



乾いた麻布が



勢いよく水を吸い上げる



そしてまたその横で



潤えた湖が枯れていく







飢餓から生まれる渇望感



満たされていた者には分からない





失った者



得た者



圧倒的に強いのは 失っていたものを得た者



無いからこそ 得ようとする 渇望する 水を吸う。





飢餓から生まれるその想いこそ



おそらく必要であるということ



ただ、湖が枯れゆく中で

必死でもがく その姿こそ。











桃李不言下自成 - トウリ モノイワザレドモ シタ オノズカラ ケイヲナス -





そんな人達を知っている 



でも、その誰もが恐らく



自覚はしてないんだと思う







生まれ持ったものなのか



失ったからこそ分かったものなのか







失うことから生まれるもの





たぶん少し 思い出し笑いで はにかんで







そんな姿に憧れながら 枯れた湖で井戸を掘る



気取った阿呆にはならぬよう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタディオ オリンピコ



聖火が消える



また何かが燃え始める







始まるものと 終わるもの



それを 恐れて 嘆き悲しむだけじゃ



あまりにももったいない。





終わりは始まり

始まりは終わり





悲しんでも嘆いても

深く沈んでまた浮かぶ

その落差すら楽しめるように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬鹿とハサミ



馬鹿とハサミはなんとやら



まさしく言い得て妙な言葉



使い方を誤ると

危ないってことは一致



ハサミの使い方



馬鹿の使い道



これもまた同じ





でも馬鹿は馬鹿で

ハサミはやっぱりハサミなのだから



ほんとうに 常に 気を張って

お願いだから 使い方を間違えないで



ずっとずっと お道具箱の中に

ちょっと大切に 誰にも 自分にも 

見えないところに

忘れられたように

しまってあるんだから



ハサミがなくても

馬鹿にならなくても



ほら 大して困らない



果物も食べれるし 

サーカスだって面白い



うん 面白い。



たぶん きっと そうだといいな



怒られるうちが花



気づかないことが故意















馬鹿であること



ハサミを使うこと



それを使うのは 



勇気じゃなくて



たぶん何かを断念した時



大切に守ってきたものを



いつの間にか諦めてたとき







まるで 張りつめた糸を



ハサミで軽く傷つけたように


| | コメント (0) | トラックバック (0)

名刺で勝負しないこと

自分の会社の業界は

他の人から見れば全くわからないとこにある



何してる会社なんですか?

あなたは何をしてるんですか?



どんな情報を持ってますか?



どんな人脈がありますか?















それに答えれないと



皆が情報と人脈に餓えたにこの場所では



価値がない奴だと見なされる



外見とはまた違う第一印象

それで全てが変わってしまう







お見合いパーティーと一緒

わかりやすい価値がないと

見向きもされない空間





この場所でこの名刺は無力





人脈やら知識やら情報を得て

名刺を二枚持って

自分に価値を付けるか







本質的に自分を価値のある人間であり

知識も何もないけど

この人となら



と思われるか









対外試合

完璧なアウェー



この痛いまでの無関心と

身動きのとれない動きを

忘れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

What are you Hungry for The UNICORN?





最近ユニコーンめっちゃ聴いてます。



今日のお題とはあまり関係なし。





えっと。お腹空いてる?



何食べる?何食べたい?ほんとに食べたい?



いつも僕は一人きり 風呂に入って寝るだけ。



何しても食べたい? 食べるために何か犠牲にする?



いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとった。



右手を失ってまでも食べたいご飯。



でも そんな状態には たぶん誰にだってなれるんだと思う。



でも、食べたい ってことは 生きたい ってこと



生きたいってことは まだ死にたくない ってことと同義じゃない。



生きることと死ぬこと



もっと変に言えば



右に回るか 左に回りか どちらかしか選べない



例外は生きながらにして死ぬこと  



笑顔引きつらせて 行き場の無いところ抱いて。

 

でも それって生きてもいないし 死んでもない



好きなこと言ってなさい いつも



ずっとずっとそんなこと 言えるような道すがらでもないし













この中にユニコーンの歌詞が

ふんだんに紛れ込んでます。



あー。。このブログ失敗。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅田にある猫の額





ふらふらと入った猫の額







ゆっくりとした時間と

ちょっとした笑顔



えーなーっていう金曜日



ってたぶんこーゆーことなんだと思う







ジンにバーボンにスコッチ。

ちょびっとずつ飲んで

ちびちび話す。



何を思うでもなく

何か話すわけじゃなく



猫の額で海に沈む



沈みながら香りに酔う





生まれて初めてジンが美味しいとおもった。



お酒も悪いもんじゃないね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

あしたばの杜



あしたばの葉



今日植えると明日生えるから "明日葉"





凹んでも明日には回復。



思ったより簡単で

やっぱりたまに難しい。







体にいいこと はじめました。





最近いい感じでテンションキープ。



久しぶりにリポDウィンズ買いました。

よく考えたら四大以来なのかも。。



ええ感じにあの頃の感覚に似てきた。



日常になりつつあります。

ちょっといい意味で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分を車に例えると

大学のときは自分のことを

F1ほどじゃなくてもF3000くらいに思ってました



でも最近実際やってみて

なんか違うなぁくらいに感じることが多い



でも軽自動車でもないし

絶対ワゴンでもRVでもない



どちらかと言えばオフロード



ジープやろか



気付くと道じゃないとこ走ってる



半分水溜まりに沈みながら



乗り心地は少し微妙



まだもうちょい慣れてない

走り込むと快適な予感はあるから



けっこー楽しんで乗ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログたくさん

作りすぎた。



もう整理できない。。。



データを吐いてどっかにまとめれたらいいんやけど



ちょっと変更したらできるんやろうけど



知識もないし いつかかんたんにできるソフトを見つけるまでは



いろいろ併用。







とりあえず このブログは2010年9月1日までのブログ  あと1662日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでトリノにいないんだろう

開会式を見た ものすごい正直な感想



 なんであの場にいないんだろう って





その思いからは

もう逃れられないの

かもしれないけど



いつものごとく 

その度胸があるかと

言われれば



腕の痛みとともに

口を閉ざしてしまう





好きなことを本当の仕事にすることの



いやらしさと無常さと 怖さに 脅えてる



好きなことだけして生きてけないよ なんて



 それは物分りがいいってことでも何でもない















切に願う 強みが欲しい 



どこにいっても 通用する自分の武器が欲しい



誰から見ても一目瞭然で分かるような特技か才能か



自分だけにしか出来ないこと 必要とされること



何もないから不安になる







無いものねだり



自分の情けなさや 駄目さ加減を



嘆く暇があれば



動くことはできるはず



動いてから考える



一日一日を少しだけ大事に思ってみる



遠くばかりみてないで 今歩いてる道を確かめて







気が狂いそうなくらい 今の自分は無力だ





でも それが現実  刹那な日常   変わらないと何も始まらない





自分って駄目な奴  それが分かった次のステップ  動き続けること





自分 高速回転中





まわってまわって  たぶん 少しだけ 前に進んで







独楽のように  回り続ける 



眼が回って 倒れたとしても 手折れたとしても



駄目な自分を愛せはしない 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

High and Low to The Edge

今日は一日ずっと躁な気分



ずっと顧客先回ってても案件対応してても

晩御飯食べてても一人でPC打ってても



ずーっとテンションが高い。無駄に高い。怖いくらいに一日が充実している。



たぶん黄色信号。ちょっと異常。



ブログは自分のバロメータ。

書き込み件数で自分の危険信号がわかるのかも。





躁なときは訳の分からないブログ

書き急ぐ。タイピングのミスも5文字に1つ。



鬱なときは何が言いたいのかを自分で整理して

どれだけ訳が分からなくなるか考えて書くブログ。

ゆっくり。何回も見直す。



どちらも書き込み頻度は高い。



1週間くらい書いてないときがたぶん一番いい状態。



躁のつぎは必ず鬱がくる。

それも急に。いきなり。たとえば堺筋線の電車のホーム。





今ならいい役者になれる って思うくらいに

気分の浮き沈みが激しく躁な気分に酔っている





なんでおれこんな仕事(または業界)で

楽しんでるふりしてるのか?



とか思い出すと崩れるから。必死で抑えながらテンションキープ。









ITが人を幸せにする じゃあ誰かこいつを救ってやってくれ。



道端に寝転ぶホームレス 家に帰れないサラリーマン ヲタクにニートにハイロウズ。



都会には浮浪者が多い。 訳も分からずに歩き回る。 居場所を見つけぬ流浪人。



熊のぷーさんも風邪をひく。 スタバで飲む酒。 日産の新型軽自動者。



合い見積 サーバ 業務改革 BPR コンサルタントが焼き畑農業 



ITは虚像じゃない。たぶん20%くらいは。残りの80%は無くたっていい。



IT doesn't matter ITってどーってこと無いよね



無くたっていいものを売る。 この気持ち プライスレス



本当に必要なもの。本質。感情。素直。友愛。本能。



本能を満たすIT  うーん。ブログかな。 存在署名のためのIT  



2ちゃん。MIXI。掲示板。ブログ。スパム。メッセンジャー。メール。



生きるために必要なもの の もうちょい上にある人間の欲求。



それがITで補完できるのか   補って完成  ITはそんなたいしたもんじゃない。





 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ガンバ大阪SNS

オープンSNSのおかげ?で



たけのこのようにSNSができてます。



ガンバ大阪SNS http://g-osaka.pne.jp/







たけのこは竹になるけど

SNSはそのどれもが共倒れになって

崩れてく気がする。



英語会SNSとか

~高校同窓会SNSとか

~サッカー部SNSとか



リアルなつながりを前提とした

SNSしか残れない。



グループウェアかメーリングリストのような

使われ方しかされないSNS



それはそれで元の姿なのかもね。



そんな津々浦々。あーねむい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜が短い睡眠長い



終電が終わる時間帯に、

会社の近くから家の近くまで走る深夜バスがあります



田舎なのか都会なのか解らない大阪の北の端





眠るのが勿体ない



って言ってた王子の気持ちが今ならわかる







でも大学ん時も寝るのが勿体ないって

気持ちがいっぱいやってんけどなー





って思うと



やっぱり今まで少し無駄な

社会人一年目の時間が長すぎたみたい



無駄じゃなくて

少し勿体ない時間の使い方やね





でも眠るのが勿体なくても

眠いもんは眠い



体が怠けてて

慣れていかないのが少し歯痒い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城崎温泉の桜木の下で

会社の旅行の幹事。こんかいは営業課なので

ほんま適当でOK(たぶん)だった。



営業部全体の旅行の幹事とか

やっぱそれも新人の仕事。

お酒飲むのもお仕事。

お酒を断れないもの新人。







「こんなことするために」なんて

思ったことないほど



ほかの会社に比べたらましなのか



自分が堕落しているのか







気が付かなくなったこと が たぶん 毎日増えている



大切なこと 小さなこと ほんとは忘れちゃいけないこと



人を好きになること 人を嫌いになること    



何かを見て きれいだな って思うこと







「慢性流行性無関心感冒」  



こころが麻痺する病気は人から人に移ってしまう。





桜の花が咲く頃に 少しは完治してるかな。

  

処方箋は毎日のブログ。

自分のブログとあと3つ。



完治はできてないけど

症状は抑えれてる。



少し感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生はマラソンだ

スポーツに例えだすとおやじなんだってね。

いいやん。おやじ。



本題。人生はマラソンだ。



マラソンのランナーには3種類いる



自分で目標を設定してがんばれるランナー



敵がいないと(誰かと比較しないと)がんばれないランナー



何をしてもがんばれないランナー。







さて。自分はどれか。







マラソンで絶対的に強いのは

自分で自分のペースを図って 

常にゴールを意識して走れるランナー



日常でも、常に自分のペースを見て

毎日の目標と課題を直視できる人



このままじゃゴールできない



って思えるかどうか。







でも、人生とマラソンで違うのは 



ゴールが見えないところ



誰かに勝った いいタイムでゴールした



 それが本当のゴールなのか



見えていないもの。見失うもの。気が付いたら間違えた。

そんなこともある。







死にカタログ  読みました。



なんかちょっと死を感じる。ふとした瞬間。

「俺いつか死ぬんだよなぁ」って。



でもそんなに悪いことじゃない。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せのメカニズム

消費は幸せ らしい。



古代経済学?なのかはわからないので

それは王子様が詳しいので任せます。。。



ちょっと思うのが



じゃあ 生産である労働は幸せか?









本来消費が幸せであるのであれば

労働は幸せであってはならないのではないか



消費に価値を見出すのであれば



労働に価値を見出してはいけない





労働とは時間の消費である



とすれば 



自分の時間を削って 言い換えれば時間を対価にして

 労働と それに付随した消費を得る



限りある資産を有効に 



ご利用は計画的に









支離滅裂。だって眠いもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »