« To be or Not to be | トップページ | 一服 »

誰かのために働くことは

お金を稼ぐために働くよりも

自分のために働くよりも



とても難しい。







お金を貰うために働くことや

自分のために何かを求めること



大変さは同じ。



違うことは?



物を作っても

サービスを作っても

何かを売っても



本当にそれが誰かのためになって

誰かを幸せにしているかなんて



これがないと生きていけない ものとか

これがあったってなくても別にね ってものとか

楽しいなーって思ったりする こととか

幸せ って感じる時間 とか



どれもこれも一瞬のものでしかなくて

人を一生幸せにできる仕事なんてない



無くたっていい仕事もある

自分じゃなくても他の誰かや

他の会社が成しえるタスクがある。



それを空しいと思うかどうか



それが難しさの種になる





いつもずっと その疑問を持ち続けたら

種が育って いつの日か 空虚から花が咲く



一瞬の時間のために たぶん 人は何かを追う



ボールを蹴ったり 地下鉄を歩いたり 誰かに頭を下げたり



メモリに書き残すため いつしか消える何かのために 歩くこともまた 難しい

|

« To be or Not to be | トップページ | 一服 »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9228052

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かのために働くことは:

« To be or Not to be | トップページ | 一服 »