« 誰かのために働くことは | トップページ | 思い出は重いで »

一服



んー あかん きてもうた。



躁鬱の欝のほう。 あーきてるなー って



分かるくらいには結構まし。



夕方あたりまではまわりに迷惑なくらいテンション高かったのに。



躁鬱の切れ目ってか 切り替えスイッチ?のときって



煙草吸いたくなりません?

|

« 誰かのために働くことは | トップページ | 思い出は重いで »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9228053

この記事へのトラックバック一覧です: 一服:

« 誰かのために働くことは | トップページ | 思い出は重いで »