« 粉雪舞う季節の中 | トップページ | ほんのよみ型 »

気を使うことは誠実だってことじゃない。

のかもしれないと思う今日この頃。







① 気を使うってことは 人から嫌われたくない って思うこと

  極論 自分が可愛いから 人に嫌われたくない

 

② まったく気を使わないのも馬鹿。相手に与えたダメージを

  見なかったふりをして(もしくは見えない?)

  お気楽ご気楽に歩いてる奴にはなりたくない。



③ そのどっちもが嫌で「嫌われたくない」「どう思ってるかなんて知りたくない」と思って引き篭もる。誰にも会いたくなくなる。凹む。笑顔が引きつる。









ただ、そのどれに対しても

誰だってそうなってしまう可能性はあるということ









誰だって自分が可愛いから 



人に嫌われたくないし 

人がどう思ってるかなんて気にしない なんて

って思いたくなる。









過剰防衛と暴走と現実逃避 









守りすぎてもダメ 自棄になってもダメ 試合から逃げてもダメ









じゃあどうすればいいのか。













野球のピッチャーを例に考えてみる。













① 2ストライク ノーボール 

 

ここで投げる球は? 



② ノーストライク 3ボール



自棄にならない。冷静にボールを置いていこう。



③ 2ストライク 3ボール 満塁



逃げるな。自分の代わりなんていない。

|

« 粉雪舞う季節の中 | トップページ | ほんのよみ型 »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

大丈夫かい、コモリン。
たとえ方がよくわからないことになってるんだけども・・。

投稿: コエダ | 2006/01/07 午前 12時15分

自分でも書いててわからんくなりました(笑

要はいろんなボールを投げれる投手に
なりたいなーってことです^-^

仕事でもプライベートでも。
投げれるぼーるが 少なくて困ってます・・>_<

投稿: Como | 2006/01/08 午前 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9228047

この記事へのトラックバック一覧です: 気を使うことは誠実だってことじゃない。:

« 粉雪舞う季節の中 | トップページ | ほんのよみ型 »