« 収益基盤の確立 | トップページ | Just 100 Days »

守られている者と守られていない者



守られてる者とそうじゃない者の違い



それは1つの失敗が命取りになるということ



守られていない者は 地に足をつけて 

1歩1歩 足元が崩れないかどうか確かめながら 

臆病に 慎重に 歩かなければいけない







ヴァンフォーレ甲府は収益基盤が弱い。



他のチームのようにリスクの高い補強は出来ない



「1年でJ2に落ちてもいい」 こんなことを言ったチームは今まで無かった













でもだからこそ 甲府はずっと愛され続けてくんだと思う



サポーターからの愛 それは決して自分を守ってくれるうものじゃない

ずっと守られている者の弱さ それは愛を失ったときに立ち直れなくなること







愛されている 必要とされている ずっと養ってもらえる いつも応援してくれる







その立場に甘えたチームは いつしか愛されなくなる





愛されること その重さと刹那さ それを知っているチームは強い












|

« 収益基盤の確立 | トップページ | Just 100 Days »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9228030

この記事へのトラックバック一覧です: 守られている者と守られていない者:

« 収益基盤の確立 | トップページ | Just 100 Days »