« その2 眼を閉じてずっと | トップページ | その4 きょうはじめて »

その3 山に登ってる理由

そこに山があるから...山が好きだから...



どんな理由だっていい。



でも

登ってしまったから

っていうのはやっぱり悲しい





なんでサッカーやってるの?

なんで働いてんの?

なんで生きてんの? って 















生きてしまってるから生きている

なんて子供の頃からなぜか風呂の中でそう思ってた

いまでも思うときはある



それが一日一回 

とくに実家に帰ってからは

昔よくそんなこと考えてたことなんか

思い出したりして



でも最近は なんか不思議やなぁ って思うようになった



ものすごい偶然で 

いろんな人と人が出会ったおかげで

いまここに生きている



自分が出会った誰か

自分が出会ってない誰か

赤ん坊のときに抱いてくれた人



それをただ 生きてもうてるからしゃーなく生きてる

 なんて思うのは申し訳ないしもったいない





自分の中で動いてるものに対して素直になること



それが自分が出した1つの答えで仮説





何で怒るのか 何が許せないのか 



何で嬉しいのか 何が欲しいのか 



誰と居たいのか 誰とも居たくないのか



考える時間 ぼーっとしてる時間 



大阪と東京 大学と会社 とかいろいろ。





たぶん最近かだいぶ前からか

感情表現が乏しくなってしまってる



だからこそ小さな変化にずっと神経を尖らせて。



そうでもしないとなんかまた麻痺してまう。



なんで山に登ってるんやったっけ。。



ってのは山登りのときぜったい一回は思うことやし(笑)



そんなこと思いながらも 

一歩一歩自分の足元を見ながら歩き続けてく時間も

一休みしたときに飲む水や そこから見える景色



それがあるから山に登る。













全然関係ないんやけど・・・



やっとこさシロップのアルバムを近所のツタヤで発見。

手首ってなんかしらんけど自分の中では上海なイメージ









しかもあのでっかいタワーのある景色や朝焼けの空

そんなイメージ。なんでかなぁ。。

|

« その2 眼を閉じてずっと | トップページ | その4 きょうはじめて »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9228017

この記事へのトラックバック一覧です: その3 山に登ってる理由:

« その2 眼を閉じてずっと | トップページ | その4 きょうはじめて »