« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

モノクロレターと僕が僕であるために

コンプレックスのない人間はいない

コンプレックスを忌み嫌うんじゃなくて

コンプレックスを認めよう

コンプレックスがあるということは

いまそこに自分と誰かが居るということだから











モノクロレターを書くほど時間も場所も

誰かが誰かであるために他の誰かが必要なんだろうか



誰が居ようとも

誰がいなくても



自分は自分だと

声を大きく張り上げて叫びたい



それがモノクロから学んだこと

良かったんだか悪かったんだか



余計に自分のことしか見えなくなった

本来自分勝手な人間が



自分が自分であるために

僕が僕であるために

続けなきゃいけないことは何だろう



何かが無くては生きていけないないのだろうか

人生はそんなに複雑なものじゃないから

そんなものないのかもしれないね



でも、何かが無きゃいけないって思うから

やっぱ無きゃ駄目なんかなぁ





船は一人で漕ぎ出せるんやろか。





カズトが隣に居るんだろ







それに酔ってるような それだけは無りたくない











暢気に有耶無耶しながら

生きてけるほど

強くも脆くもない



何か考える



考えることが その1つの答え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーに



カレーに山芋が入ってた!

以外めっちゃうまい!

バイク買いました。原チャやね。

昨日寝てなくてハイテンション...



盗まれないように気をつけます(笑)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

もし自分にインテルが入っていたら・・・







空が飛べます。







たぶんメモリが少ないんだと思う。

CPUとハードディスクはまぁ大丈夫っしょ。

アプリはまだ貧弱ですが。





最近つた屋さんによくいきます。



映画と音楽を借りました。



でもツタヤに行かなくても

ネットでもう借りれるしね。



ライブドアの社長が「制作」のOn the Rockっての借りました。

シュールでまぁおもろかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

にょほほ



けっきょく3rdは行かずにやめとく。



欠けた月明かりをアルゼンチンに探しにいかなくちゃ。





そんで明日何しよう。



そういえばシステム屋ってほんと何屋なんだろ。



それを売ってる自分も。



んなこと言えば誰もがそっか。





近々中国の黒いパソコンを売るようになりそうです。

少数から割安で扱いますのでお声掛けくださいな。ただし法人限定。

まぁんな安くはならないんやけど。



株始めました。楽天今のうち買っとく?そんな賭けできんわなぁ。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

昼飯に



お好み焼き

おにぎり付き

大阪に帰ってきたんやなーと実感した瞬間

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自分がサッカーをやる理由

今回はまじめに



いろんなものが合わさりあって出てきた答え



1つ目は昨日のフットサル。

左サイド。右足でボールを浮かして対峙していた一人を抜く。

ゴール前を見て、2人の選手が見える

そこにグライダーの早いクロスを上げて・・



結局は誰も合わせることができずボールはサイドラインをわっていった



2つ目は今日読んだ本。

カバチタレと日経アソシエ。

両方ともぱらぱらと読んだだけだけど。



3つ目はiPodminiから流れる東京事変





その帰りに地元で生姜焼き定食を食べてたときに

ふと想いが浮かんだ。「自分がサッカーをやる理由」









それは お互いの像が一致してゴールが生まれる瞬間



ある意味 とても漫画ちっくで原始的な想い。





自分はゴールを決めることよりも

アシストをしたり、キーパーで守っているときに

充実感と開放感 そして無意識のガッツポーズが生まれる





今までのベストゴール。思い出せる分だけど。



鎌田だったかどっかだったけど たしか4対4の変則的なフットサル



中盤の左サイドからゴール右にふわっと浮かせたボール



それをサークルの同僚が(たしかバックヘッドで)合わせて

キーパーを超えてゴールに入る



その瞬間。おそらく会場中に響き渡るくらいの大声と

思い返すと恥ずかしいくらいのガッツポーズ









それはおそらく人生でもビジネスでも恋愛でも同じ



自分が思い描いている「カタチ」と

誰かのカタチが一致する



そこに至るまでのすべての苦労が報われる瞬間。

尤も それを苦労とも思わない時間がサッカーにはある







ただ、この世の中はサッカーのゴールほど明確じゃない





ゴールは? 敵は?仲間は?



守るべきものは?





敵は 自分のまわりで 雨のように振ってくる惰性の時間か?

守るべきものは ゴールポストが倒れてきて頭をつぶされた少年か?



それとも緑の芝生。大きな空。誰もが気づかない淀川の河川敷の景色か。





















ガッツポーズをかっこいいと思う



無意識に出るもの。



その瞬間はスポーツだけのものじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCの前に座る時間

明らかに長くなっている。



ネットのスピードや環境が遅くなったのもそのうちの要因の1つ。

でも、なんだかんだでけっこう会社から早く帰れるようになったからかもしれない

平均して9時には家に帰れてる。もっと早い日もある。

まだなんもしてないから。いまのうちにちょっと進んどかないと。



「良い人生は良い検索である」





寒い日に飲むビールも旨い。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

穏やかだ

そんな時間を退屈と思うほど余裕がない





少しくらいの狂気と事故意識 激的な静寂がゆっくり流れる





電球を握りつぶすくらいの余裕が欲しい










| | コメント (0) | トラックバック (0)

えー。。今年の

四大。



万博のガンバ戦と被ってます。



優勝間近の試合ですね。





明日はガンバの市民スタッフの日。

久しぶりの万博球技場。



千葉マリンにも行って見たい。



とーきょーにあるスポーツビズの会社さんと

どうやって連携しようかどうか考え中。

大阪支部とか。。うーん。何かないかな。



ネタは「スポーツチームぐるーぷうぇあ」 



ちょっと面白そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の外資企業





やっぱり給料はいいみたい。でもそんなに差があるわけじゃない。



それで、ベンチャーの会社に比べるとおそらくとてもウェットだと思う。



ウェット。日本的だと言ってもいいのかも。



どれだけ顧客に密着することができるか。

どらだけ人脈を握っているか。

接待じゃなくてパーティーの場。



それが情報交換と案件発掘の場となる。



そういった付き合いのできない営業は多い。

自分も苦手。 課題。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわったこと

北新地に月1で行ってる気がする。



たまに眼の下のクマが気になる。

はじめてフェイスエステ受けました。

肌がぴかぴかです。



証券会社に口座開設。やっとこさネットレ開始。

イーバンクにも開設。これでトトが買える。



バイクはまだ買おうかどうか迷ってます。





あと、ロッテが優勝。万歳。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

タクシーの運ちゃんに

乗っていきなり



「巨人の高橋に似てるねー」 って言われた



























大阪やったらそれは貶し言葉やろ・・?

苦笑いしかできんかったっちゅ-ねん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイリッシュロック





The Cherry Coke$ / Beer My Friendsを購入。



たまたまびれっじばんがーどで流れてるのを気に入って

ちょっと安かったのでアルバムを購入。



小島真由美もおんなじようにびれっじで流れてたのを

気に入って買ったからなぁ





なんていうかちょっとハイなときに気分がゆったりと気持ちよくなる音楽



でもこの音と日本語って合わないなぁ・・。

日本語のラップ?みたいになんか1つひっかかるところがあると全部がダメに思ってしまう。完成度の高さかなぁ。でもふつーにアイルランドのアイリッシュロックを聴いてみたい。



音楽の処方箋に追加。まったりしたいときに聴く音楽じゃないなぁ。

寝れなくなる副作用あります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋の匂い

昨日北浜に秋の匂いがした



ちょっとだけ懐かしい匂い。うん。今年はこの寒い季節も好きになれそう。



何かちょっとしたひょっとしたことでそこにいる時間を実感する。



ふーっと ふわっ ってする感覚



写真には残せない 確かな色を持つ匂いの感覚



そういえば北浜って昔は浜やったんかなぁ。



いまは中ノ島公園の空気が澄んで見える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上ファンドの眼の付け所



阪神球団の株式化 村上ファンドの眼の付け所

さすがやなぁと言うしかない。



阪神優勝のどさくさにまぎれて阪神電鉄の株を買い

(憶測の記事しかないが)阪神球団の株式公開を提案した。

しかも、海外で失敗とされているスポーツ球団の株式上場。

それを防ぐ手立ても日本のプロ野球には用意されているのだ。



それは球団の買収が野球協定で禁止されていること。



もし買収する場合で保守的なもオーナー会議での決議が必要なのだから実質買収はないと思っていいのでは?





その他の上場するリスクを考えてみたときに、



1 トレードやドラフトが株価に影響を与えてしまう

  (株価の健全性が損なわれる恐れがある)

 ・・ 株主の声として選手への拘束が厳しくなる

 ・・ インサイダー取引の管理が難しくなる などなど

2 現状の球団経営者では株価まで考えた財務管理ができない





とちょっと思いついたものも含めていくつかあるのですがいかがでしょうか?

どれも管理側さえちゃんとしていれば(制度的にも)対応できそうやし。





西武や日ハムのような親会社の経営が危ないところは、株式を公開することで親会社の経営の向上にも貢献できるし。



近鉄バッファローズも株式公開していればつぶれなかったかもしれないのに。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ものさし

ものさしがないとやっぱりなぜかそわそわする。



まだまだやなぁと実感する



「幸せのものさし」ってみんな持ってるんだって



他人と比べたり 昔の自分と比べてみたり こうなりたいという姿と比べたり



いまこの時間を満足すること



枯れてもいないし満たされてもいない



水をやればいいのか 日に当てたらいいのかわからない



そのままずっと根が腐ってくる



根底にあるもの 腐ることはあっても無くなる事はない



燃え尽きてもいない症候群 



燃え消えたA4用紙のような体





椰子の実を食べて 生きていく日々を 幸せだと思えない





たまに早い時間に帰ってくるとまた変な言葉ばかり思い浮ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25歳から30歳の時間は

自分は特別な存在であるという



その想いを持ち続けられるどうか



それが試される時間である









自分の人生において

自分は特別な存在じゃないなんて





誰もいないスタジアム



スタジアムは誰のために存在するか



選手か 観客か 



テレビ局や広告代理店のものじゃないだろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変更

いろんなものが変わりました。

所属してた会社も変わりました。



何もかわらないのかもしれないけれど





取り合えず忙しくなる。いいことだ。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »