« 忙しくなると | トップページ | ネットで判断 »

一番身近な経済学

それはあたらしいものを買うと嬉しいってことなのかも。



会社の旅行でニンテンドウDSをもらって

(同期はDVDとか旅行券もらってた・・)

いまさっきまでスクーター買おうか

電動自転車買おうか普通の自転車買おうか

いろいろ見比べて迷ってました。



やっぱ「新しいもの」を自分の生活の中に

組み込むことを考える時間はやっぱり楽しい。



まぁ物欲といいますか。 欲があるから人生楽しいと思ってしまいます。



「あたらしい洗濯機をかったら楽になる」とか

「小さな本棚を買って部屋のあの場所に置こう」

「ソファを買って寝転んで映画が見たい」

「この部屋に引っ越してきたらこの店にいってみよう」



とか考える時間。 なんだろうな。 絵に描いた餅を眺めるような。



そこで無理やり話をつなげてみると

こないだ上司が言ってたのは 「営業は夢を売る仕事」



これから自分が売っていくもの 



どうせなら楽しいものを売りたい。

ここはそれができる場所。



何個か考えたアイデアは

ビジネスプランとはいえないものだったので

まだまだ先は長し。。

|

« 忙しくなると | トップページ | ネットで判断 »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9227984

この記事へのトラックバック一覧です: 一番身近な経済学:

« 忙しくなると | トップページ | ネットで判断 »