« 演劇にとって本当に必要なこと | トップページ | シュートを打つときにGKを見る奴はいない »

一歩ずつ地面を踏みしめる

まわりをみて焦ることもある。何も残してなんていない。



正直胸を張って夜を歩けなかった。



成果がカタチとなって見えない









ただ、自分が前に進んでいるという実感を持っている





これだけじゃただの自己評価や自己満足でしかない



昨日できなかったことが今日はできるようになった

知らなかったこと、毛嫌いしていたことの大切さを学んだ



経済学、統計、マーケティングリサーチ、アカウンティング、ファイナンス...



どれも自分が苦手だと思いこんでいた



ただ、人間が作り出したものに無駄なものなんてない



本当に知ってみて 必要でないと思えば使わなければいいだけの話。





次はそれを証明する段階。 知識は使ってナンボ。




|

« 演劇にとって本当に必要なこと | トップページ | シュートを打つときにGKを見る奴はいない »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9227930

この記事へのトラックバック一覧です: 一歩ずつ地面を踏みしめる:

« 演劇にとって本当に必要なこと | トップページ | シュートを打つときにGKを見る奴はいない »