« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

扁桃腺肥大

アレルギー性鼻炎と合わせた自分の持病です。



めっちゃ腫れて大げさじゃなしに首が少し太くなるくらい腫れる・・。



空気清浄機と加湿器は家電の中で一番大切。





いま自分がやってる研修は9月1日まで続く。



何のためにこんなことやってるの?



高校時代に 数学なんてやらなくても人生変わらないよ



と言ってた頃とは訳が違う。





仕事と思うな 人生と思え



自分はこの言葉が大好きです。





お金を稼ぐためだけに働くのと

お金を稼ぎながら そこに意味を見出して働くこと



その2つは何が違うか。



単純に進むスピードが違う。

稼ぐだけでいいや って思ってしまうと

やろうと思えばどれだけでも楽していけるから。





明日は原田先生の講演



元気のない今の体にどれくらい向かってくるのか。

うん。ちょっと気合はってこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弛んでる弛んでる

最近出勤時間が少しずつ遅くなってきた。



ちょっと前までは1時間前くらいにきて座ってたのに・・。



椅子に座ってるときも足組んだりもたれかかったり。

小さなことかもしれないけど、どこか少し違う。



同じクラスの同期に言われて気がついた。

研修のクラス全体が少し弛んでる。



自分を正す。研修合宿が終わってから

体の調子が治りきってないこともあり

ぼーっとしてる時間が増えてきてしまってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分的本の分類~本を読んで元気になる~

ドリームメーカー 新世代経営者たちの素顔




今日研修の帰りに買って読みはじめる・・・。
やけに本の分厚さと比べて中身が薄い。。。



そこで今回のお題  なんで本を読むのか!!?

今日買った本がこれだったから・・。ある意味要望としてはあってたんやけど中身があまりなかったのがざんねん・・。サイバーエージェントの藤田さんの項目はこないだ読んだ本をまったく同じやったし。でも熊谷さんの項目は面白かった。



結果として ちょっと元気になりました!



薬に処方箋があるように、自分の体調に合わせて本を選べるようになるんじゃないか!と考えて今日自分がこの本を買った理由。それは



1)元気が無いとき ⇒ 会社の経営者の自伝記や成功物語を読む!
 


”渋谷で働く社長の告白”だったり”iモード事件”だったり。すらすらと読める。逆にいえば読み始めたらとまらない。そんな本に出合えたらそこから元気をもらえる。

その人の人生を疑似体験する。

どちらかというと物語系。日経ビジネス人文庫とかプロジェクトXのような。

雑誌のNumberとかもこっちやね。



元気のないときに、こういった本をストックしておけるような

そんな本棚が欲しい・・・。



あとは



2)何か答えを探したいとき ⇒ ノウハウ本・専門書。



ドラッカーまでいくとちょっと簡単に読むことはできなくなってまうけどそこらへんのマーケティングやコーチングの本はとても読みやすい。「おぉ!そーだったのか」という気づきが生まれる。



雑誌で言えば日経コンピュータやビジネスアソシエ。

でも気づきを生むためには何気なく読んでるだけじゃだめ。

元気のないときにノウハウ本を読んでもダメだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お前凡人か?天才か?

野村監督から古田に向けられた言葉



「お前凡人か?天才か?」



「凡人です」



「よっしゃ。じゃあ勉強せえ」





2000本安打。ゴールデングラブ賞10回。

球界を代表するキャッチャー。

そして、39歳まで現役を続けて常にレギュラーを守り続ける力。

プロ野球選手会長として日本の野球を懸命に変えていこうとする姿。

論理・言葉。そして何よりもすべての人に受け入れられるその笑顔。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy Sunday!

休日。休暇。

何気なくすごしてた自宅の近く。



こんなとこあったんだー とか。

いつも行ってる洋食屋さんやっぱ美味しいよね とか。

いろんなことに気がつく日曜日。





たぶんさいきん鈍ってってます。



何かを見て感動すること。

悲しくなる気持ち。

嬉しいって単純な言葉。



鋭くなっていく刃と鈍くなっている感情。







リフレッシュ。? 違うなー。 Re:って感じじゃないもん。



すべてを追い求めることなんてできないのかもしれないけど

それでもなくしちゃいけないものがある。





そのために 大切な日曜日 



毎日に感謝すること。 時間に追われてると忘れちゃうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人についていく

この人のために頑張ろう

この会社のために頑張ろう



昔、といっても10年くらい前

日本の企業が強かった頃は

こういった人たちがたくさんいたんだと思う。



いまは そう思うこと = 悪いこと ダサいこと 

昔のように思ってはいけない という流れがある。



個人主義。 自分のためだけに頑張ろう とか。





たしかに会社と心中することは決してすばらしいことだとは思わない。



それでも、個人が個人のことだけを考えている組織が

上に進んでいくことはできない。



自分の目標、そして組織の目標。 その2つが互いに絡み合って

組織は大きく前に進んでいく。



自分のためだけに頑張る。 それでいつまで進んでいけるのか。







研修で学んだこと









人が働きやすい環境を作る。

そのために場を盛り上げることもできなければいけない。



自分がやるべきことをやってはじめて

人に何かを言うことが出来る



たとえば自分が遅刻をしているのに

遅刻をした人を叱ることなんてできない。



人に嫌われることも言わなくてはいけない 

でも、人を嫌いになってはいけない。



なぜ働くのか。 何のため?



今日は教会にいってきた。

自分はクリスチャンでもなければ、聖書をちゃんと読んだこともない。



それでも、その考え方に共感することはできた。



人のために祈ろう。

誰かが自分のために祈ってくれている。



自分を持つこと。自分の中に誰かを持つこと。



それは宗教を超えて 普遍的に心の中にあるものなんじゃないかって








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりじゃなくて

ひとりじゃできないことがある



研修中に気が付いたこと



いきなりはじめてあったメンバーで

どれだけできるのか不安だった



けど



一人で考えて企画をしていくよりも

ずっといいものができた



結果も出た。



たぶんここで得たものは

ずっとなくさないし、なくしちゃいけない。



目の前にあるものが見えなかった頃とは違って前に壁が見える。



家の中の白い壁に向かって

ひたいを押し付ける。これでもかってくらいに。



そうすると前に壁があるってことを実感する。



壁が見えてきた。

やる気。というか負けん気。



劣等感や敗北感が次に向かう源泉になる。



自分にはまだ何もない



そう思う心と



自分に自信を持つこと





井の中の蛙 大海を知らずとも

空の青さを 仰ぎ見る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

野良犬になります。

犬になります。

座敷犬じゃなくて野良犬に。



思っていたより拍子抜け。

それは楽しようと思ってたわけじゃないけど

全力を出すことを恐れていたからかもしれない。



いま楽だ。そう思ったときは危ないと思え。

いまとても辛い。じゃあ笑え。



いま自分が頑張ってるかどうかなんてわからない。

でも、いま自分が楽をしているかどうかはすぐに分かってしまう。



気づいてるんだろう? 野良犬には座敷犬に見えないものがある。



野良犬の心を



尊敬しているスポーツライターの方の言葉を引用させて頂きました。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

大規模経営

企業規模が大きくなければできないことがある。



とくに人と金。



大きな会社だからといって内部が停滞しているわけじゃない

ただ、身動きをとる動作が遅い。



逆にベンチャーの強みは小回り。スピード。

お金がないかわりにどれだけ素早く動けるか。





まるでカーレースみたい。

大きな車は排気量が大きな車は馬力が多いから坂道でも上がっていける。その分余計にガソリンを多く消費するし、車体も大きくなるから小回りはきかない。



排気量の小さな車は小回りがきくし、初速は速くなる。

けれど直線勝負になってしまえば勝負にならない。





それは 市場が成熟してしまう前の勝負であればベンチャーは有利。



プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)

プロダクトライフサイクル

2つの考え方を見てみると分かりやすい。



カネのなる木 を見つけた!!

そこにいち早くたどり着けるのはベンチャーか大企業か?



到着点までの距離がどれだけあるか。



そこで市場シェアを拡大していこうとすれば資源が必要。

バイイングパワーというか企業規模のパワー(体力)が大きいかどうか。





正直言うと、就職活動の中盤の時期はベンチャーに憧れてた。

自分でなんでもやりたい。自分でなんでもできる。そんな環境。



ただ、扱えるプロジェクトの規模やそこで活用できる経営資源

それを考えたときにただ単に「ベンチャーだから」という理由だけで

企業は選べないということも知った。



活用できる資源が豊富で

これから多角化を図っていこうとするところ。



今までの事業方針の軸を転換していって、

新たに新しい市場を開拓していこうとしているところ。



うちの会社が近いうちに持ち株会社になります。

絶妙なタイミング。というわけではないけれど

まず目指していことするものが少しずつ見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毒気を抜かれた

非武装の街



戦闘地帯よりタチが悪いな

戦う気力が失せてくる





そして武器を捨てたところを

まわりから大勢で襲ってくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸行無常





諸行無常  是生滅法  生滅滅已  寂滅為楽





諸行は無常であってこれは生滅の法であり、生滅の法は苦である

この生と滅とを滅しおわって、生なく滅なきを寂滅とす

寂滅は即ち涅槃、是れ楽なり



~Wikipediaより引用







まあ難しい言葉は苦手。

読める文章と読めない文章はどうしたってある。



土日にこっちにいるときしかADSLじゃなから

なかなかブログが更新できん。



いま26時。いつも起きてるのは7時半。

もうちょい早く起きなあかんな。





同じ年のやつが書いてる日記にあった

空虚 呆気ない という言葉。



自分もたぶんそうなのかも。



でも これは想定の範囲内。



期待は裏切られたけど

そこから逃げ出したいとは思わない。



ただ、何も思わないことは 感覚が麻痺してしまう。



何も思わなくなる。 現状に満足する。



生きていることを恥ずかしいと思うくらいが 今の世の中生きるには丁度いい



なぜだか今日池袋の駅を歩いてると ふと そう思った。





焦る気持ち。ずっと何かに追われている感覚。



それが普通だ。



そうじゃなかったら異常だろ。



そこらへんに転がってるタバコの空き箱にすら

自分を重ねてしまうくらい。



そんな時期が大学時代にはあったのに。



いまはそれが無くなっている。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常生活オンとオフ



「いままでずっとオフだったんじゃないか」

「オンなときってどんなんだったんだろう」



とか思ってしまってる時点であまり最近どうなんだろうと思う自分。



こないだ同期の友達といっしょにいった飲み会の帰りにいろいろと自分のことも考えたりしながら。



オンのときってどんなときやったんやろ。



たぶん人見知りしてまうからかもしれんけど

まぁいきなり初対面とかでオンでつっぱしってる自分もまったく想像できへんねんけど・・。







でも、営業には人との接触量が必要(by渋谷で働く社長のブログ)

自分のバイオリズムとかテンションとか自分でスイッチ入れれるようにならないとあかんなぁ。





注)写真は本文とはまったく関係ありません






写真は自分じゃありません(笑)



かばんにぬいぐるみを入れてたカバンを発見して

ちょっと面白いから撮りました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修先(笑)

すこし誇張しすぎやけど(笑)研修先の写真です~

駅前はそんなにでもないんやけど緑が多くて空気が清んでますo(^-^)

吹田より田舎なのかどうかはわからんけど(^-^;
結構似てる場所なんかも★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま何ができるか

いまよりもっと暮らしやすい街があるはずだ

こんなとこじゃ作物は育たない



そんなのやってみなきゃわからない



誰の言葉だったか

「その人の価値は今まで何をやってきたではなく、今その場所でどれだけできるかだ」



何もできない

と思って立ち止まってる暇があればまずはどれだけできるかやってみなくては

どれだけいいものを作れるかということに腐心するんじゃなくて、いまはどれだけつくれるか。

本当にいいものなんて二割にも満たない

質より量。



今日は少し動いてガソリンを補充

明日からまた動き出す



何が自分のガソリンなのか



それを分かってるからこそ人にも喜んでほしいとも思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術力を得る方法

PHP使ったシステムつくっといてね 



と言われたとする。

でも自分はPHPが何なのかさせまったくわかってないとする。



たとえば少人数のベンチャーだったらどうするか?



自分が必死に勉強するか

その技術を使える人材を雇用する(協力してもらう)

という2つの選択肢がある。



楽天の三木谷さんは(半分)前者。

サイバーの藤田さんは後者。



どっちがすばらしい という話ではなく

どっちが自分に合っているかどうか。



選択肢はこの2つだけじゃないかもしれないしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪ければ悪いなりにできること

花粉症。



でもそれがどうした?

営業先で何も成果を出せなかったら一緒。



花粉症だってこと分かってるやん?

対処もできるやろ?





分かってるのに何もせーへん奴はアホや。





はい。。自分はこの4月までアホでした・・。

治らんわけやないんやから。何すればいいやろ?



やっぱ薬で散らすよりも鼻を焼くのが一番やね。

これ冗談じゃなくてほんとに。

鼻腔の粘膜をバーナーのようなものでこんがり焼きます。





いまほんまに鼻が弱ってるのが分かります。

このまま放置して何年もだらだらするのは...やっぱアホやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せっきょくてきに

自主性と協調性と責任感 etc...



考えれば考えるほど

うちのいたサークルの一遍における理念は普遍なんじゃないだろうか

って思う。



でもまあそれも当たり前のことで

どういった組織(企業)がエクセレントであるかどうか

ということはそれこそ前世紀の初めから生まれてきた学問で。



組織が進んでいく方法 は 

いつの世の中も(もっと厳密に言えば今この時点で)変わらない。



あとはそれをどう方法論化していくか

人的資源管理論や管理科学はそれを求めていく。



そこで考えるべきことは 組織が進む目標と

個人の目標をどう一致(同方向化)させていくか。



言い換えれば 

どうやれば 組織のすべての人に自主性と協調性と責任感 etc..

を持つ(持たせる)ことができるのか



企業の強さはその会社のオフィスに現れる。



だとすればうちがいたサークルはどうだったんだろうか 

ということを考えてしまう。そしていまの会社は。



けっこういい線いくんじゃないかという感触。



あとはそこにいる自分達がどう動くか。触発するか。されるか。



積極性も大切。協調性も大切。



企画書は1人じゃ書けない



自分だけじゃ気づけなかったこと。

今までは1人で企画書や提案ばかり書いてたので。

いまやらなきゃいけないことが少し見えた今日の飲み会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめての土日

入社してからはじめての土日。

金曜の今日は遅くまで飲んで

まじめな話もしつつ、騒いで飲んで。



けっこう疲れたまってるよね って会話が出るかと思いきや

けっこう土日に動きたくなる。



友人とも会うしボクシングもまた再開。野球&キャッチボールも楽しみ。



たぶん何の予定も入れてないとだらだら家にいてまうから

ちょっと買い物でかけたり映画見に外に出ることができるから

大学のころより時間が充実してくのを感じる。



たまにはたぶんだらーっとしてるけど

今日は家から出ないでごろごろする。

って決めた一日やったらそれはそれで良いし。

なんもない日はないしね。



気が付いたらなんもなかった って日はあるかもしれへんけど



それは人生もいっしょ。



「気が付いたら何もなかった」 って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症ビジネス

ビジネスのこと・・というか半分恨み辛み。



花粉症シーズンに入って一体どれだけお金を使ってきたか・・。



診察代・花粉症用の飲み薬・抗鼻炎剤

ティッシュ・マスク

うがい薬・目薬・のどあめ

加湿器・空気清浄機の電気代



あとぼーっとしてしまう時間が一番勿体無い。

話を聞いてるときや、研修中の時間も



たまに頭から血の気が引いてく感じがして頭がすごい重たくなる。友達と話していても、たぶんテンションがおかしい。ふとしたタイミングで意識が飛ぶ。静かなとこだったり、講演中だと鼻をかむことも出来ないからじっと耐えるしかない。



出会ってすぐの同期だからマスクをして会うのは嫌だから

なんとかして違う方法でなんとかしたい・・。と思うんやけど。

いろんなものを試してるけどダメ。そのつど財布からはお金が消えていく。



そんでもって研修地の近くは山だらけ。

朝のニュースで「~このように企業や自治体は自然保護のために奥多摩にスギやヒノキを植林しており・・」って。ほんとにやめてくれぇ・・・>_<。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんかドーナツのニオイがする

とおもい

研修先の駅をふらふらしてたらミスドを発見(笑)

犬の嗅覚です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JチームのSNS開始

Jリーグ サガン鳥栖 SNS(ソーシャルネットワークサービス) 開始!



もちろんプラスの効果は大きい。

いつもゴール裏で団結している人達の交流にもなるし、

サポーターとスタッフの架け橋にもなれる。



また「応援しようかな」っていままで躊躇してた人を

呼び込んでいくこともできる。



でも、マイナスになる要素も含んでいて

チームによるサポーターの管理に傾きすぎてしまうこともある。



それが怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲行き

どことなく退廃的で

GO!GO!7188の歌がよく似合うような夕焼け



その下を抜けて寮まで帰るのも

少し楽しい



退廃摘発 何にもないんじゃなくて

そこにあるなにかを壊したいと訴える空を

少し微笑みながら見てる子供が無邪気で可愛い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けねぇ

ダメだね。相対評価で考えることなんて。



でも、ビジネスではそれがすべて。

競争相手より一歩でも前に進むこと。

そしてシェアを獲得することが全て。



誰にも負けたくない。



同じサークルだった同期や後輩。

大学のときの同じような活動をしていた別の団体の奴ら。

同じ大学のやつ。違う大学の奴。



まだ国内を相手にしてる分には楽だ。でもアメリカ、中国、韓国。

やっぱり負けたくない。



「負ける」ということを想像すると

首の下にある何かが刺激される。

熱くなるでもなく何か変化を見せる。



コイツには負けたくない そんな奴がたくさんいる。



それをどう持続させて、 どうやって前に進めていくか



毎日確認するしかない。 ちょっと嫌でも。



あとは冷静に分析すること。何が負けてるか。



心は熱く。 頭は冷静に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことなかれ主義

それってほんとに自分のことなのかも。

人間関係にしても 仕事にしても

あぁ これくらいでいいや って思ってしまうことが多い

だからこそ 舞台技術さんや バンドをやってる奴らを見ると ほんとうにすごいと思う。



自己主張  自分を出していかないと 


自分のやりたいこともできない
何も変えれない
 何も得ることが出来ない

まわりと協調してやることも忘れずに

・・バランス・・

いまはちょっと左右に振れすぎてるから

毎日それを調整していこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことなかれ主義

それってほんとに自分のことなのかも。

人間関係にしても 仕事にしても

あぁ これくらいでいいや って思ってしまうことが多い

だからこそ 舞台技術さんや バンドをやってる奴らを見ると ほんとうにすごいと思う。

自己主張  自分を出していかないと 


自分のやりたいこともできない
何も変えれない
 何も得ることが出来ない

まわりと協調してやることも忘れずに

・・バランス・・

いまはちょっと左右に振れすぎてるから

毎日それを調整していこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うーん めんどくさい

休みの日にどこか出かけるのがだるい

ゆっくり寝て痛い。 

期限のない仕事。明日やればいいや って。

大学のときのテスト勉強もそうだよね。いつもテスト前になって焦ってる。



もうちょっと大きな話。



たとえば業務改善



今まで通りやってるほうが楽。わざわざ何か変える必要もないよなぁ



たとえば内部告発



あれ?これっておかしいんじゃないのか?でも何か言ったら自分が叩かれるし

あとあと面倒なことになるからなぁ。





人間は弱いものだから。



いつも流れやすいほうに流れてしまう。



楽なほうに舵を取る。嵐を避けて、少しでも海が荒れそうなときは船を休める。



嫌なことはやりたくないし ちょっとでも楽をしたい。



ただ、流されたまま時が過ぎれば いつか取り返しのつかないことになる



「こんなはずじゃなかったのに」



「こんな場所にしかこれなかった」



台本の先に。 もう少しで最終章。

 そんな台詞が見え隠れする役者になる可能性はすべての人にある





それを防ぐためにはどうすればいいんだろう



習慣化。 



毎日風呂に入ったり歯を磨くことを めんどくさいと思うんじゃなくて

習慣化できればそれをつらい、めんどくさいとも思わない。



毎朝の通勤も、高校の頃に1時間半も掛けて

学校に通っていたことに比べれば楽なもんだろう。





そして毎日の確認をすること。リフレク。

毎日自分の現在地と航海の目的地を照らし合わせる。



そして 最悪の状況になりたくない。 ここから抜け出したいと思うこと。



負の力は 何かに向かおうとする力より強い。



後ろから崖が崩れていたら ちょっとは頑張って走る。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷で働く社長の告白

入社1日前。Amazonから家に送られてきた「渋谷で働く社長の告白」



「明日は入社式だから早く寝なきゃ」

とか思いながらも読み始めたら止まらなくて。



泥をすすることのできる人間は

自分が落ちている虚しさや悲しさをしっている人。



何が何でも頑張れる。その理由は人によって違うけど



「こうなりたい」という思い浮かべる姿があって

それとは別に「昔のようになりたくない」という想いを持ち続ける。



人を好きになる。人に好かれる。

なにがあってもきれない。

直感、そしてずっと持ち続ける強さ。



いろんなことを学べた本。

純粋に読んだあとには

明日から働くことが楽しく思えるになった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

わくわく

うーん。あまりよくない。

体調悪いので家で安静にしてたら

外に出たくなくなってしまった。



わくわくするようなこと。



あまり論理的(and 合理的に)に考えすぎると直感で

動けなくなっちゃいそう。



延長後半120分の試合をすごしたすぐあとに

90分の試合が始まって。



そんな急に動けないよ。



とか言ってもいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えてもた~>_<。。

メッセしながら適当にブログ更新してたら変なボタン押したみたいで

投稿した記事やコメントがいくつか消えてしまった。。。



凹む。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の花粉を甘く見てた

入社式。頭がずっとぼーっとする。



静かな入社式の中鼻をすするわけにもいかない。



薬は寮においてきたままだ。今朝は家から会社にいったので

飲むことができなかった。不覚。



酒も飲まずに帰って薬局に。

スプレータイプの薬買いました。これでちょっと安心。



今日は会社の職務規定とか給料・保険の説明を受けただけ。

必要な話だけど、事務的な話ばっかりでちょっとざんねん。







あと体の粘膜を弱らせないために今日から一人でタバコ吸うのやめます。



「体調管理」と「時間の管理」 ができていないのは気づいてるけど

小さなことでしか変えられない。



とりあえず時間の管理は 

毎日入社30分前について文庫本か新聞読むことにします。

最近活字に慣れてきたので、なんか読んでると楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターンのすすめ

学生時代を振り替えって 時間が合ったらやっときたかった と思うのが



インターンやバイトでベンチャーで働く

ア式サッカー部(これは厳しいけど)

学生起業。あと中近東への旅行とかダイビングかな?



そのなかでも何か後輩に伝えることができるとすれば

やっぱりインターンには行っといたほうがいい。



バイトで週6くらいで働くのも面白いと思うけど

それだと社会人と変わらないし、学生の頃しか

できないこともやっといたほうがいい。



だからインターンで3ヶ月くらい。

できれば従業員数50名に満たないベンチャーの社長の近くでできるインターン。

業種は営業(経理とかインターンではできんと思うし)



めったにそんな好条件にはありつけないとおもうけど

探してみればけっこうある。JobWebとかいいよ。





実は自分も一度足を踏み入れてたけど

時間が合わず頓挫してました。ほんとに従業員数十数名の営業。



あのとき踏ん張っていれば とは思いません。

忙しいのを理由にそこから逃げた って。 悔しい思いはあります。

今になってやっと気が付いたことです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

切れたら終わり

心に余裕のない人には 誰しも近づきたくないだろう。





余裕がなくなる。些細なことを気にしだす。

服のしわ、自分の声のトーン、手についている小さな埃。

友人の声、まわりからの電話、メール。

洗濯したての洋服なのに着るだけで体中の皮膚が痒くなってきて、

何度も風呂に入って服を着替える。



切れちゃいけない。 切れたら何もかもなくなってしまう。

会社でも 家庭でも すべての環境において 何も考えずに行動すること

行動じゃない 衝動。 



そんなときは月並みだけど

ゆっくり手のひらを見て、月を見上げてみれば良い。



何もかもちっぽけだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の心臓を誰かに握られている怖さ

それにようやく気が付いたフジテレビ。そして多くの日本の企業。



本を読んでて思ったのはライブドアやサイバーエージェントはネットバブル崩壊後に(敵対的)買収の脅威を肌で感じ、株主というのは自分の会社の命を握っている綱取りである、ということを知った。



毎日自分の命を誰かに握られている怖さ



どんなことをしてでもそれを防ぎたくなる気持ちも少しわかった。



会社にとって資金が血液だとすれば 株式は心臓である。



そこから資金を生み出すことも出来れば 誰かにその心臓を奪われることもある。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »