« 無事(?)卒業できました | トップページ | 自分のために生きる »

デッドボールの話

ピッチャーでした。



それもかなり大暴投の。

3球に1球しかストライクの入らないピッチャー。

そして1球はデッドボール。



投げるのが怖い。

でも投げなきゃピッチャーとして生きていくことはできない。

マウンドに上がらなければピッチャーとして成長できない。



失敗ばかり。それで失うこともある。



危険球。退場。



そんな事態にも陥りそう。



でも、投げなきゃ。



投げないで逃げているピッチャーなんてなりたいくない。



(@飲み会で)

|

« 無事(?)卒業できました | トップページ | 自分のために生きる »

1・日常之記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/9227852

この記事へのトラックバック一覧です: デッドボールの話:

« 無事(?)卒業できました | トップページ | 自分のために生きる »