« 2004年6月 | トップページ | 2004年10月 »

アジアカップ


アジアにおける欧州選手権(ユーロ)や南米選手権の位置付けである今大会は中国において開催されております。

ワールドカップ予選と並んでアジアにおける各チームのレベルを推し量る重要な大会・・なのに!

その知名度は日本においてとても低い。

日本におけるアジア軽視は何もサッカーに限ったことではなく、日本はすべての面において、アジアを超えてヨーロッパをずっと憧れの目で見つづけてしまっている。

しかし、欧州選手権を見ても分かるように、隣国との熾烈なライバル関係が、その地域の試合をとても魅力的なものにしてくれる。チェコとオランダの因縁的な組み合わせは韓国と中国の戦いにも見ることができるし、ラテンサッカーと現代的なサッカーの勢力争いの容貌は西アジアのサッカーにも現れている。

アジアサッカーは大きく分けて5つの地域に分類される。

日本、韓国そして中国を要する東アジア

タイがその強さを誇示し続けている東南アジア

ロシアからの独立国が多くを占める中央アジア

まだその力は低いがサッカーの熱があついインドに代表される南アジア

そして、古くからの英国支配の影響から、王国を中心としたサッカーの強化によってその力を伸ばしてきた西アジア(中近東)


『 楽しみ方 』

アジアでは、その人それぞれ楽しみ方を見つけることが出来るかな~と思います^^

アジア予選の前哨戦として見るもよし
自分の訪れたことのある国を応援してみたり
まだ国旗の定まっていないイラクを見てみたり

技術的な面ではユーロには劣るかもしれないけれど、「自分達の住んでいる地域」としてアジア そしてそこで行われるサッカーを見るものまた一興です^^

試合はBSとかCSでけっこうやってます^-^


参考リンク


『宇都宮さんのコラム』

バルカンやアイスランドといったいわゆる「日の当たらない」サッカーを伝えつづけているサッカージャーナリスト

ヨーロッパのような大金が蠢くメジャーなものだけがサッカーではない

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200407/at00001380.html

『サンスポ』
実況はここで^-^

http://www.sponichi.co.jp/soccer/japan/full/asia/2004/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年10月 »