« マイナースポーツはニッチ産業である | トップページ | スポーツはビジネスとして未成熟である »

女子サッカーの活性化なるか

「今回の女子サッカーの盛り上がりが、これからの永続的な活性化へと繋がるか」

結論から言うと、「今のままでは無理」

確かに国立に3万人集まった。観に行った誰もが感動した試合だったと言っていた。そこに目を付けた広告代理店がワールドカップの時だけつるんできて「金のなる木」に見立てあげるかもしれない。テレビ局やスポンサーもつくだろう。

今の男子サッカーや他のスポーツに見出すことの出来ない「懸命さ」「頑張り」はある意味Jリーグ創設期の選手達に似ているのではないか。それは大部選手の言葉にも表れている。「女子の選手というのは、試合前、いつもふたつのことを考えています。 ひとつは、この試合に勝つということ。もうひとつは、女子サッカーのためにも負けることはできないんだということ」

アテネまではおそらくこの波は続く。

しかしその波を継続させるには、今の女子サッカーを取り巻く現状は脆い。
プロスポーツの普及には「選手人口の拡大」「エンターテイメントとしての面白さ」が必要不可欠である。

女子サッカーの持つエンターテイメントとしての面白さ「頑張り」「懸命さ」は女子サッカーがメジャーになっていくほど薄れていくという危険性があり、尚且つ選手人口は男子と比べてまだ少なすぎる。

今回の波では、日本サッカー協会は機を逸した。
この盛り上がりを予想していたのであれば、もう少し早く選手人口の拡大に手をつけておくべきだった。

ただ、4年後にもう一度この盛り上がりがくるかもしれない。北京五輪である。
その時には今の普及活動が進み、小学生の将来の夢に「女子サッカー選手」という言葉が出ていれば。

|

« マイナースポーツはニッチ産業である | トップページ | スポーツはビジネスとして未成熟である »

2・スポーツ見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23648/496167

この記事へのトラックバック一覧です: 女子サッカーの活性化なるか:

« マイナースポーツはニッチ産業である | トップページ | スポーツはビジネスとして未成熟である »